外陰部癌患者の看護計画

外陰部癌患者の看護計画

スポンサーリンク

#1外陰部腫瘍の症状に関連した身体的苦痛がある

目標:適切な処置により身体的苦痛が緩和される

OーP(観察)

1 腫瘍の状態

a 大きさ、範囲

b 色

c 浸出液

d 出血の有無

e 痛み、掻痒感の有無

f リンパ節の腫脹

2 排尿、排便状態

3 歩行障害の有無

TーP(実施)

1 安楽な体位

2 下着の工夫

3 指示された軟膏の塗布

4 外陰部洗浄による清潔の保持

5 必要時、鎮痛剤の与薬

6 必要時、車椅子、歩行器、円座の使用

7 ベッドサイドの環境を整備

8 トイレに近い部屋を選ぶ、ポータブルトイレの使用

EーP(教育)

1 早めにトイレに行くよう説明する

2 外陰部の清潔保持について指導する:ウオシュレットの使用など

#2外性器の疾患に関連した精神的苦痛の可能性がある

目標:苦痛が表出でき羞恥心を配慮することによってプライバシーが守られる

OーP(観察)

1 患者の性格

2 患者の言動、疾患に対する考え方

3 身体的症状:胃痛、下痢

4 精神的症状

TーP(実施)

1 診察時を配慮する

a スタッフの言動

b プライバシーの保持

2 手早く処置を行う

3 感情を表出できるように環境整備を行う

スポンサーリンク

#3広範囲創による長期安静に関連した心身の苦痛がある

目標:苦痛が表出でき、適切な処置により安定した状態が保たれる

OーP(観察)

1 患者の言動、表情

2 睡眠状態

3 身体的症状

a 背、臀部のしびれ感、掻痒感

b 背、臀部の皮膚の状態

c 腰痛、筋肉痛の有無

d 疼痛の有無

TーP(実施)

1 医師の指示に基づく安静度に合わせた体位を工夫する

a 術後3日目まで絶対安静、軽く側臥位可

b 3~4日目、側臥位可

c 7日目~抜糸後は自力体位変換可

2 マッサージ、湿布の貼付・安楽枕を使用する

3 医師の指示により薬剤の投与を行う

4 ベッド周囲の環境を整える

5 家族の協力を得る

6 必要な日常生活の援助を行う

EーP(教育)

1 術後の経過に沿った安静度について説明する

#4外陰部創に関連した感染を起こす可能性がある

目標:創部の清潔が保たれ感染を起こさない

OーP(観察)

1 創の状態:発赤、皮膚の色、出血、臭気の有無、浸出液の有無

2 バイタルサイン

3 排泄物の汚染の有無

4 血液検査データ

TーP(実施)

1 消毒、ガーゼ交換時の無菌操作

2 抜糸後、排泄毎の消毒、洗浄

3 清潔保持の援助:清潔、シャワーなど

4 排便コントロール

EーP(教育)

1 清潔の保持の必要性について説明する

#5長期の尿留置カテーテルの留置に関連した尿路感染、排尿障害のおこる可能性がある

目標:尿路感染を起こさず排尿機能が自立できる

OーP(観察)

1 尿量、尿の性状と観察

2 バイタルサイン

3 閉塞感、尿意などの訴え

TーP(実施)

1 外陰部清拭及び洗浄

2 定期的に清潔なパッドに交換

3 毎日下着を交換する

4 排便後は外陰部の洗浄

5 尿流出不良時はミルキング及び洗浄又は尿留置カテーテルの交換

6 ウロガードの充満に注意

EーP(教育)

1 経口摂取可能になれば水分摂取指導する

2 尿漏れなど異常時は知らせるよう指導する

3 尿留置カテーテル留置の必要性を説明する

#6排泄の制限に関連した麻痺性ウイルスの可能性がある

目標:イレウスを起こさず制限解除後は排泄状態が回復する

OーP(観察)

1 腹部の状態

a 腸蠕動音

b 金属音の有無

c 排ガスの状態

d 腹部膨満感の有無

e 腹痛の有無

2 排泄状態、便の状態、性状、回数

3 バイタルサイン

4 水分出納:尿量、比重

5 レントゲン所見

6 吐気、嘔吐の有無

7 食事摂取量

TーP(実施)

1 経口開始後の浣腸、排便、腹壁マッサージ

2 医師の指示により与薬

EーP(教育)

1 排泄の習慣づけについて指導する:食事、冷水摂取

#7長期臥床に関連した肺合併症を起こす可能性がある

目標:予防的措置が取れることで肺合併症を起こさない

(広汎性子宮全摘出術を受ける患者の看護を参照)

 

#8表面的な変化に関連した退院後の生活に不安がある

目標:不安内容が表出でき、退院後の生活について積極的に取り組める

OーP(観察)

1 患者の背景、性格

2 患者の言動

3 入院中の生活動作

TーP(実施)

1 安静解除後の離床を進める

2 家族の協力を得る

EーP(教育)

1 退院指導

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました