稽留流産患者の看護計画

稽留流産患者の看護計画

スポンサーリンク

#1子宮内容物遺存に関連した出血、腹痛の可能性がある

目標:症状が速やかに発見され適切な処置が受けられる

OーP(観察)

1 バイタルサイン

2 出血の状態:量、性状

3 疼痛の有無:部位、程度

4 吐気、嘔吐の有無

5 頭痛の有無

6 患者の言動、表情

TーP(実施)

1 出血の状態により適宜パッドの交換

2 外陰部の清潔を保持

3 子宮底マッサージ

4 安楽枕、円座の使用

5 医師の指示により鎮痛剤の投与

EーP(教育)

1 不快、苦痛増強時には直ちに報告するよう説明する

#2流産徴候が憎悪し苦痛となる可能性がある

目標:速やかに子宮内容が除去されることで症状が回復する

OーP(観察)

1 出血の量、性状

2 腹痛の有無、部位、程度

3 表情

4 睡眠状態

5 バイタルサイン

6 検査データ:CRP、白血球など

TーP(実施)

1 出血異常時、主治医に報告し緊急処置

2 円座、安楽枕の使用

3 疼痛増強時、主治医の指示による鎮痛薬の与薬

EーP(教育)

1 安楽な体位を説明する

2 異常時(出血増強時、疼痛増強時)はすぐに報告するように指導する

#3妊娠の中断に関連した精神的動揺が起こる可能性がある

目標:悲しみが自然に表出でき、事実を受け入れる事が出来る

OーP(観察)

1 患者の行動

2 表情、言動

3 睡眠状態、同室者の声

TーP(実施)

1 頻回に訪室し、訴えを把握する

2 必要時、病状の説明を主治医に依頼する

3 家族とのコミュニケーションを十分に行う

4 感情を表出できる環境調整を行う

EーP(教育)

1 術前オリエンテーションを十分に行う

#4妊娠の中絶に関連した次回妊娠についての不安がある

目標:適切な指導が受けられ次回妊娠への希望が持てる

OーP(観察)

1 次回妊娠の希望の有無

2 不安内容

3 表情、言動

TーP(実施)

1 表情、不安を表出できるよう環境調整を行う

EーP(教育)

1 退院後に検査が行われる場合は、その受診方法などについて明確に説明する

2 家族計画指導を行う

#5退院後の日常生活に対して不安がある

目標:不安が表出でき、適切な指導により安心して退院ができる

OーP(観察)

1 感情の言動、表情

2 家族からの情報

TーP(実施)

1 頻回に訪室し、疑問点、不安点を把握する

EーP(教育)

1 退院時指導の徹底:日常生活指導、定期受診の重要性

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました