切迫流早産患者の看護計画

切迫流早産患者の看護計画

スポンサーリンク

#1出血、腹部緊満の出現、増強に関連した流早産のおこる可能性がある

目標:切迫症状の軽減、消失により妊娠の継続ができる

OーP(観察)

1 腹部緊満、下腹部痛の有無

2 性器出血の量、性状、混入する内容物

3 胎児心音

4 妊娠20週以降退治心拍陣痛図(CTG)の異常の有無

5 破水の有無

6 排尿・便の回数

7 一般状態

8 子宮収縮抑制剤の点滴、内服の場合は服用量、回数、服用前後の状態、副作用の有無

TーP(実施)

1 分娩監視装置装着:必要時連続モニタリング

2 腹部緊満増強時は医師に報告

3 症状の程度に応じた安静度の決定

4 食事、洗面、保清、排泄など日常生活の援助

5 子宮収縮抑制剤の適切な投与

6 安楽な体位を考える:シムス位、セミファーラー位、側臥位

7 排便コントロールの援助

EーP(教育)

1 切迫症状(腹部緊満、下腹部痛、性器出血、破水)について説明する

2 安静度について説明する

#2子宮収縮抑制剤の副作用に関連した苦痛がある

目標:副作用について理解でき症状が最小限に抑えられる

OーP(観察)

1 動悸の有無

2 呼吸状態

3 振戦

4 便秘

5 胎児心音

6 検査データ

7 血管炎の有無

TーP(実施)

1 体位を工夫する

2 副作用増強の場合は医師に報告する

EーP(教育)

1 薬剤の作用機序、副作用について説明する

#3行動の制限に関連した心身の苦痛がある

目標:心身の苦痛が表出でき、よりよい環境で入院生活を送れる

OーP(観察)

1 睡眠状態、言動、表情

2 食事摂取量

3 排泄状態

4 全身の保清状態

5 帯下、出血による外陰部の状態

6 便秘の有無

TーP(実施)

1 安静に対する理解度を確認する

2 ベッド上安楽な体位を工夫して苦痛の緩和を図る

3 休息が取れるよう部屋の環境つくりを行う

4 清潔を援助する:清拭は状態に応じて1回/日、洗髪は状態に応じて1回/数日、石鹸を使用した外陰部洗浄を状態に応じて1回/日

5 個別性を考慮した日常生活を援助する

EーP(教育)

1 安静の必要性について説明する

#4疾患の理解不足に関連した不安の可能性がある

目標:状況に応じた説明により不安が軽減する

OーP(観察)

1 言動、表情

2 食欲、睡眠状態

3 胎児心音、超音波による胎児の状態

TーP(実施)

1 患者の不安な訴えを良く聴き対応する

2 医師より病状の説明を行う

3 温かい思いやりをもった態度で接する

4 患者の心の支えとなる家族の協力を求める

5 不安が表出できるよう環境を整える

EーP(教育)

1 行われた処置・検査の必要性を説明し不安を軽減する

2 CTCの評価、超音波、診察の結果を必ず説明する

3 病状を把握し統一した説明を行う

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました