悪性リンパ腫患児の看護計画

悪性リンパ腫患児の看護計画

スポンサーリンク

#1疾患の予後に関連する家族の悲しみ、不安がある

目標:家族は疾患に対して理解したことを表現できる

OーP(観察)

1 家族の態度、表情、言葉

2 病気に対する理解の程度

3 家族のニーズの程度

4 医師からの説明の内容

TーP(実施)

1 入院時の病状説明は必ず看護師も一緒に聞き、家族の理解の程度を知る

2 病状説明のショックに対しては家族を支援する

3 現在の状態について定期的に説明する:説明内容は医療従事者間で言動を統一する

4 誠意をもって訴えを聴く、また訴えやすい人間関係をつくる

#2長期入院に関連する精神的不安がある

目標:不安が表出できる

OーP(観察)

1 患児・家族の言動、表情、態度

2 患児・家族のニーズの程度

TーP(実施)

1 プライマリーナースの役割について説明する

2 日課表を作成し、規則正しい生活習慣が送れるようにする

3 年齢に合った遊びや学習を取り入れる

4 患児家族との接触を多く持ち、不安や悩みを訴えやすい人間関係をつくる

5 患児家族に対して親切で思いやりのある態度で接する

#3白血球減少、強度の貧血に関連する易感染状態を起こす可能性がある

目標:感染の症状や徴候を示さない

OーP(観察)

1 発熱の有無

2 バイタルサイン

3 感染の徴候:敗血症、呼吸器感染症、尿路感染症、皮膚粘膜の感染

4 活気、機嫌

5 検査データ

TーP(実施)

1 感染予防の隔離に準ずる

2 皮膚粘膜の清潔を保持する:全身清拭、洗髪、口腔の清潔

EーP(教育)

1 清潔保持、面会制限、手洗い、マスク使用、食事制限の必要性を説明する

#4血小板減少に関連する出血の危険性がある

目標:出血を早期に報告できる

OーP(観察)

1 バイタルサイン

2 顔色

3 出血班、鼻出血、歯肉出血の有無

4 頭痛、吐き気、嘔吐の有無

5 尿、便の潜血反応

6 検査データ

TーP(実施)

1 採血、検査後の止血を確実に行う

2 口腔内の清潔保持には歯ブラシを使用せず綿棒、ガーゼなどを使用する

3 清拭時は強く拭かないようにする

4 皮膚に対して圧迫の強いものは避ける

5 児の発達、運動量に応じてベッド柵にスポンジを巻いて保護する

6 ベッド上の整理整頓を行う

EーP(教育)

1 出血のおこりやすい状況や原因となることについて説明する

2 異常を発見したらすぐ報告するように説明する

3 皮膚を締め付けない下着を着用するように指導する

4 血小板減少時の口腔ケア、歯磨きの方法を説明する

#5脱毛に関連するボディ・イメージの変化がある

目標:治療と脱毛との関連性を説明できる

OーP(観察)

1 患児、家族の治療に関しての理解の程度

2 脱毛についての患児、家族の受け止め方

3 羞恥心の程度

TーP(実施)

1 環境整備を行う:ベッド上の脱毛は粘着テープで取り除く

2 ウイッグの購入については相談に応じる

3 本人が気にしているようであれば、脱毛のことについてはできるだけ話題にしない

4 患児と家族に脱毛に対して準備できるように援助する

EーP(教育)

1 家族と相談して患児には統一した方法で治療前に説明を行う

2 頭髪は必ずまた生えてくることを、患児や家族に説明する

#6化学療法の副作用に関連する便秘の可能性がある

目標:毎日排便がみられる

OーP(観察)

1 排便の有無と量

2 腹部膨満

3 食事摂取量

TーP(実施)

1 毎日決まった時間に排便を促すように習慣付ける

2 1日1回は腹部マッサージを行う

3 医師の指示により緩下剤を与薬する

4 悪心嘔吐の状況に合わせて水分摂取を勧める

EーP(教育)

1 化学療法の副作用で便秘が出現することを説明する

#7退院後も長期間外来での治療を継続しなければならない事に関連する、両親・患児の精神的負担がみられる可能性がある

目標:定期的外来フォローの必要性を理解することが出来る

OーP(観察)

1 定期的外来フォローの必要性の理解の程度

2 両親、患児の定期的外来受診に対する訴え

TーP(実施)

1 退院が決まれば早期に外来に継続看護依頼表を提出する

2 外来受診の曜日、時間などをできるだけ考慮する

3 可能であれば外来看護師の退院前訪問ができるように調節する

EーP(教育)

1 異常の早期発見の観察ポイントについて説明する:発熱、食欲、活気、機嫌

2 感染者との接触を避ける必要性を説明する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました