麻疹患児の看護計画

麻疹患児の看護計画

スポンサーリンク

#1発熱、咳嗽、疼痛、食欲不振、不機嫌に伴い体力の消耗がある

目標:症状が軽減し現在以上の体重減少が進行しない

OーP(観察)

1 バイタルサイン

2 食欲、食事摂取量

3 体重の変化

4 活気の有無

TーP(実施)

1 呼吸しやすい体位を整える

2 高熱時は効果的な冷罨法を行い、医師の指示により解熱剤を使用する

3 睡眠を妨げないように配慮する

4 患児の好むものを与える

5 消化の良い物、口腔粘膜に刺激のないものを工夫する

EーP(教育)

1 麻疹の一般的経過について説明する

2 食欲が無くて病院食を摂取できない時は、食べやすいものを食べられるときに食べさせて良いことを説明する

#2不十分な感染予防策により、ほかの患児への感染の可能性がある

目標:発病後速やかに隔離が行われる

OーP(観察)

1 発疹の状態:こぷりっく班の有無、発疹の出現時期、発疹の部位

2 一般状態

3 バイタルサイン

4 咳嗽、鼻汁、くしゃみの有無

5 結膜炎、眼脂の有無

TーP(実施)

1 隔離の必要性を患児の年齢に応じてわかりやすく理解できるように説明する

2 他への感染防止をはかるため、院内感染予防マニュアルに基づいた取り扱いを行う

3 面会謝絶の札をドアに表示する

EーP(教育)

1 面会制限について説明する

2 隔離の必要性について説明する

3 手洗いの励行、ガウンの着用について説明する

4 面会者のマシン罹患の有無を確認する

#3二次感染(中耳炎、肺炎、脳炎)を併発する可能性がある

目標:合併症の徴候が早期に発見される

OーP(観察)

1中耳炎の症状:耳痛、耳閉塞感、耳漏、耳鳴り、難聴、耳拍動感、発熱

2肺炎の症状:発熱、感冒症状、呼吸状態

3脳炎の症状:発熱、頭痛、吐気、嘔吐、項部硬直、意識状態、精神状態

4検査データ:白血球、CRP、胸部レントゲン、髄液

TーP(実施)

1検査の介助を行う

EーP(教育)

1合併症の症状について説明する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました