嘔吐のある患児の看護計画

嘔吐のある患児の看護計画

スポンサーリンク

#1嘔吐に関連した体液量の不足を起こす可能性がある

目標:嘔吐の回数が減少する

OーP(観察)

1 吐物の量と性状、食物残渣の有無、胆汁血液の混入

2 嘔吐回数、吐き方、食事時間・服薬時間との関係

3 脱水症状の有無

4 バイタルサイン

5 活気、機嫌

6 水分摂取量、尿量、色、比重

7 水分バランス

8 検査データ:電解質

9 腹痛の有無、程度

TーP(実施)

1 指示された薬剤の与薬、輸液を行う

2 絶食や食事制限、安静が守れるように援助する

EーP(教育)

1 経口摂取に関する制限の必要性について説明する

2 輸液の必要性について説明する

#2吐物の誤嚥に関連した窒息や誤嚥性肺炎を引き起こす可能性がある

目標:嘔吐時誤嚥が起こらない

OーP(観察)

1 嘔吐後の呼吸状態、咳嗽、肺雑音、異常呼吸の有無

2 嘔吐児の体位、吐物の量

3 意識レベル

TーP(実施)

1 嘔吐時は顔を横に向けて誤嚥しないようにする

2 肺雑音が聴収されるときはタッピングや吸引を行う

3 意識障害がある場合は、嘔吐しても誤嚥させない体位をとる

EーP(教育)

1 家族に誤嚥防止の為の体位や処置について説明する

#3嘔吐に関連した苦痛や不安感がある

目標:苦痛や不安感の訴えが減少する

OーP(観察)

1 苦痛や不快の訴え

2 表情、活気

3 随伴症状の有無(脱力感、食欲不振)

TーP(実施)

1 胃部冷罨法を行う

2 環境を整える。吐物を速やかに除去する。汚染衣類、シーツの交換をする。室内を静かにする

3 嘔吐後、含嗽、口腔内清拭を行う

4 安楽な体位をとる

EーP(教育)

1 心理的、精神的刺激となるような言動は避けるように、家族や面会人に指導する

2 家族に適当な気分転換を図るように指導する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました