臍ヘルニアの手術を受ける患児の看護計画

臍ヘルニアの手術を受ける患児の看護計画

スポンサーリンク

#1外表的な形態異常に関連して、家族が将来の治癒に不安を持つ

目標:不安の表出ができる

OーP(観察)

1 患児及び家族の言動

2 疾患の受け止め方

TーP(実施)

1 家族、患児の訴えを聴く

2 家族、患児が話しやすい環境をつくる

3 処置時はプライバシーを確保する

4 疾患の手術について、主治医から説明が受けられるよう援助する

 #2腸管が脱出し陥頓することに関連した壊死を起こす可能性がある

目標:異常が早期に発見され適切な治療が受けられる

OーP(観察)

1 臍の色

2 直ぐ還納できるか

3 患児の機嫌、啼泣

4 顔色

5 バイタルサイン

TーP(実施)

1 還納を試みる

EーP(教育)

1 還納できなかったり、臍の色が悪い時は連絡するよう説明する

#3啼泣、体動で腹圧がかかることに関連した、創部の離開の可能性がある

目標:創部の安静が保たれる

OーP(観察)

1 創部の発赤、腫脹、離開の有無

2 創痛

3 出血

4 ガーゼ汚染の有無

5 バイタルサイン

TーP(実施)

1 出来るだけ啼泣させない

2 身体の後屈を避ける

3 走ったり、飛んだり、暴れたりしている場面を見かけたら注意する

EーP(教育)

1 創部の安静を持続する為、注意事項を説明する

#4退院後の生活に家族は不安を持つ可能性がある

目標:家族が日常生活で注意することを理解できる

EーP(教育)

1 入浴を禁止する

2 暴れない、転倒に注意し、創部を引っかいたりぶつけたりしないように説明する

3 創部の異常について説明する:発赤、腫脹、疼痛

4 創部の消毒方法について説明する

5 異常時の連絡方法について説明する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました