眼球摘出患者の看護計画

眼球摘出患者の看護計画

スポンサーリンク

#1視力障害に関連する入院生活の不安がある

目標:身体で周囲の環境を知ることが出来る

OーP(観察)

1 視力、視野

2 ADLの範囲

TーP(実施)

1 日常生活上の援助:食事、与薬点眼(自分でできない場合看護師が施行)

EーP(教育)

1 入院時、病棟病室の構造を説明する

2 オリエンテーションに基づき、デモンストレーションを行う

 #2慣れない環境により入院生活に危険がある

目標:安全に入院生活が送ることが出来る

TーP(実施)

1 病棟、病室の整理整頓、ベッドはストッパーを掛ける、ナースコールの位置確認、床には物を落とさない、通路には物を置かない、ベッド柵を使用する、病室には目印をつける

#3眼球を失うことにより精神的苦痛がある

目標:眼球を失うことによる苦痛を言葉で表現できる

OーP(観察)

1 言動による精神状態

TーP(実施)

1 言葉かけによる精神状態

2 手術前にムンテラ可能な場合は医師からムンテラを聴く

#4麻酔からの覚醒時、失見当識状態の為不安恐れを持ち体動がみられる可能性がある

目標:安全に覚醒できる

OーP(観察)

1 意識状態

2 体動の有無

3 呼吸状態

4 VS

TーP(実施)

1 痛刺、声掛けに刺激し、手術が終了したことを知らせる

2 抑制を十分にする

3 輸液ルート、ドレーンなどの固定、整理を十分に行う

4 覚醒後、挿管中の為声が出ないなど状況を説明する

5 スタッフの言動に注意

6 患者のそばから離れない

#5眼球を失ったことに対するショックがある

目標:眼球を失ったことを自覚し不安を表出できる

OーP(観察)

1 言動による精神状態

TーP(実施)

1 コミュニケーションをとる

2 医師とコンタクトを密にし医師看護師間の言動を統一し、時間をかけて患者に説明する

#6眼球摘出に関連する感染の恐れがある

目標:感染を起こさず術後3~4日目に義眼装着を開始できる

OーP(観察)

1 VS:特に発熱に注意

2 ガーゼ汚染、頭痛、創痛の有無

TーP(実施)

1 ガーゼ交換の介助:デマル開眼器、綿球、眼軟膏

#7自己にて義眼装用することに対する不安がある

目標:自己にて義眼の管理、装用ができ社会復帰できる

EーP(教育)

1 義眼の扱い方:医師看護師両サイドからの指導

2 点眼指導:眼球摘出による視野欠損をふまえての指導

#8退院後の生活について不安がある

目標:眼の状態を知り退院後の生活に自信が持てる

EーP(教育)

1 退院時オリエンテーション:用紙に基づく

2 安静範囲の確認

3 定期受診

4 異常時受診:光視、視野欠損症状出現時

5 点眼方法

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました