下口唇反転皮弁術施工後の患者の看護計画

下口唇反転皮弁術施工後の患者の看護計画

スポンサーリンク

#1下口唇反転疲弁術に関連し経口摂取が制限される

目標:治療上必要な開口制限が保持され、切離術まで経口摂取できる

OーP(観察)

1 創部の観察、疼痛、腫脹、フラッブ色、出血、口唇部の血餅

2 食事摂取量、補食、内容、量

3 開口の程度

4 精神状態:いらいら、ストレス

TーP(実施)

1 手術直後、口唇部の血餅の除去

2 口角より吸引を頻回に行う:手術当日は1~2時間毎、以後は分泌量に合わせて

3 口角より流出するものはテイシュペーパー、ガーゼで取る

EーP(教育)

1ストロースプーンを用いての食事摂取方法

2抜糸後創に負担を掛けない、柔かいものは摂取可能であることを説明する

3含嗽の必要性を指導する

#2下口唇反転疲弁術に関連し、会話が制限される

目標:治療上必要な開口制限が保持され、切離術までコミュニケーションが取れる

OーP(観察)

1 創部の観察

2 精神状態

TーP(実施)

1 口角よりの分泌物は吸引するかテイシュペーパーで軽く拭きとる

EーP(教育)

1 筆談の必要性について説明する

#3退院後、創処置に対する不安がある

目標:創処置の必要性が理解でき正しく創処置ができる

OーP(観察)

1 創処置に対する不安の有無

2 ADL制限の有無

3 ADL制限に対する理解

EーP(教育)

1 退院指導:パンフレット

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました