手術を受ける上肢切断患者の看護計画

手術を受ける上肢切断患者の看護計画

スポンサーリンク

#1突然の上肢切断に伴う不安が強い

目標:現状を理解し治療が受容できる

OーP(観察)

1 創状態

2 疼痛

3 腫脹

4 患肢の循環状態:出血、腫脹、皮膚色、チアノーゼ、冷感

5 全身状態:VS、貧血症状、苦痛顔貌

6 精神状態:言動、表情、ショックに対する反応

TーP(実施)

1 創痛や出血によるショック症状出現時は救急処置

2 患肢の安静、挙上

3 医師の指示により鎮痛剤の使用

4 患肢の循環障害出現時、医師に報告

5 精神慰安:動揺や不安を和らげ安心感を与えるように励ます

EーP(教育)

1 患肢の安静の必要性について説明

2 創痛増強時は報告するよう説明する

#2再接着術に伴う上司の循環障害が起こる可能性がある

目標:患肢の安静が守れ症状の変化が正しく報告できる

OーP(観察)

1 創痛

2 出血、ガーゼ汚染:ベンローズ、SBバック内の出血量

3 創状態:発赤、腫脹、熱感

4 患肢の循環障害:腫脹、浮腫、皮膚色、爪床色、皮膚温

5 患肢の神経障害:手指の動き、しびれ

6 肢位

7 ギブスシャーレによる固定状態

TーP(実施)

1 観察基準

2 輸液管理:医師の指示により説明

3 SBバックの管理

4 肢位調整:固定用伸縮性包帯、安楽枕を使用し挙上

5 出血、腫脹、疼痛増強時医師に報告

6 皮膚温、皮膚色悪化時医師に報告

7 医師の指示により鎮痛剤の使用

EーP(教育)

1 患肢の安静の必要性について説明

2 創痛、しびれ、冷感出現時、悪化時は報告するように説明する

3 禁煙の必要性について説明

#3上肢再接着術に伴う感染の危険性が高い

目標:感染徴候に注意が払え報告できる

OーP(観察)

1 創状態:発赤、腫脹、疼痛、熱感

2 上肢の腫脹、熱感

3 血液データ:CRP、WBC、ESR

4 発熱

5 患肢の汚染

TーP(実施)

1 入院時医師の指示により破傷風トキソイドの筋肉注射

2 ガーゼ交換介助:滅菌下巻合繊包帯、滅菌包帯、滅菌覆布、滅菌手袋の準備

3 医師の指示により鎮痛剤の使用

4 清潔の保持:全身清拭、手浴、足浴、洗髪

EーP(教育)

1 感染予防について説明、不潔な手でガーゼに触れない、水による汚染を避ける、包帯がぬれた時は報告するように説明

2 上肢腫脹、熱感、創痛出現時は報告するよう説明

#4上肢の機能回復への不安がある

目標:指示された運動が意欲的に継続できる

OーP(観察)

1 患肢の運動

2 ROM

3 運動時の創痛

4 患肢の腫脹

5 リハビリテーションに対する意欲

TーP(実施)

1 リハビリテーション開始前、患肢の温罨法:ホットパック

2 ROM測定

3 医師の指示により鎮痛剤の使用

4 リハビリテーションの進行に合わせて激励

EーP(教育)

1 ROMの拡大方法について指導:自動運動、患部以外の関節運動、患部は医師の指示により開始

#5上肢の機能障害が残るため退院後の生活に不安がある

目標:ADLの工夫が出来日常生活に自信が持てる

OーP(観察)

1 ROM

2 ADL

3 家族の協力度

TーP(実施)

1 医師、PT、家族との連絡調整

EーP(教育)

1 家族も含めて退院指導を行う、患肢の負担を避ける、患肢ROM拡大、筋力トレーニングの継続、定期的なリハビリテーション通院、家族によりADLの援助の必要性について説明する

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました