手術を受ける上肢神経麻痺患者の看護計画

手術を受ける上肢神経麻痺患者の看護計画

スポンサーリンク

#1上肢神経麻痺の為ADLに制限がある

目標:手に負担がかからないようADLの工夫ができる

OーP(観察)

1 知覚障害、橈骨神経:拇指、示指、中指背側、尺骨神経:手掌・手背における環指の尺側半分及び小指全体、正中神経:母指~中指及び環指橈側半分の手掌面、示指、中指及び環指橈側の遠位指節間関節~指尖部

2 運動障害、橈骨神経:母指の外転不能、手指関節伸展不能、手関節背屈負荷、尺骨神経:手指伸展不能、環指小指屈曲、骨間部特に中指及び小指球の筋委縮、正中神経:母指対立障害、母指示指屈曲不能、ピンチ動作の障害中指屈曲減弱、前腕の回内運動減弱、掌背屈力の低下、母指球筋部の萎縮

3 ADL

TーP(実施)

1 ADLの援助、食事:セッテイング、更衣:紐結び、清潔:入浴時健肢の介助

EーP(教育)

1 利き手交換の必要性について説明する

2 異常感覚出現時は速やかに報告するよう説明する

 

#2上肢神経移行術、肘関節形成術に関連する不安がある

目標:手術に対する理解が出来、術前練習を通して安心が得られる

OーP(観察)

1 ROM

2 知覚異常

3 疾患の理解度

4 不安内容

TーP(実施)

1 手術説明後の理解度の確認

2 術前オリエンテーション:手術に関連して、疾患に関連して

3 不安内容に対する説明

4 不安内容を口に出して言えるような環境つくりをする

EーP(教育)

1 術前練習についての指導:片手動作になれる

#3上肢神経移行時、肘関節形成術による患部周辺の腫脹の為、循環障害が起こる可能性がある

目標:患肢の安静が維持でき症状の変化が報告できる

OーP(観察)

1 創痛

2 出血、ガーゼ汚染:SBパック内の出血

3 創状態:発赤、腫脹、熱感

4 患肢の循環障害:腫脹、浮腫、皮膚色、冷感

5 患肢の神経状態:手指の動き、しびれ

6 良肢位

7 ギブスシャーレによる固定状態

TーP(実施)

1 SBバックの管理:SBバック内の除圧保持、ミルキングローラでミルキング

2 肢位調整:固定用伸縮性包帯、安楽枕を使用し挙上

3 出血、腫脹、疼痛出現時医師に報告

4 手指、手関節の動き不良時、医師に報告

5 医師の指示により鎮痛剤の使用

EーP(教育)

1 患肢の安静の必要性について説明

2 創痛、しびれの増強、手指の動き不良時は速やかに報告するよう説明

 

#4上肢神経移行術、肘関節形成術に伴う長期患肢固定の為拘縮が起こりやすい

目標:指示された運動が継続できる

OーP(観察)

1 固定状態

2 ROM

3 運動時の疼痛

4 腫脹

5 リハビリテーションに対する意欲

TーP(実施)

1 医師による肘関節の他動運動時の介助

2 肘関節運動開始時、肩の温罨法:ホットパック

3 医師の指示により鎮痛剤の使用

4 リハビリテーションの進行に合わせ激励

EーP(教育)

1 リハビリテーションのプログラムについて指導、手術直後より手指の屈曲伸展運動、手術直後より肩関節、3週目より医師の指示後持続的関節他動運動装置

2 創痛、しびれの増強手指の動き不良時は、速やかに報告するよう説明

#5上肢神経移行術、肘関節形成術後の機能回復に不安がある

目標:ADLの工夫が出来、日常生活に自信が持てる

OーP(観察)

1 ROM

2 ADL

3 家族の協力の程度

TーP(実施)

1 医師、PT、家族との連絡調整

EーP(教育)

1 家族も含めて退院指導を行う、患肢の安静について、患肢のROM拡大、筋力トレーニングの継続、定期的なリハビリテーション通院、家族によるADLの援助、ギブスシャーレ内の清拭

 

参考資料:標準看護計画

タイトルとURLをコピーしました