急性疼痛の看護計画

スポンサーリンク

病棟で使用している看護計画を紹介します

  • 患者さんの症状にもよりますが、急性疼痛に関しては痛み止めの座薬や注射、内服薬で対応するのが最善でしょう。                               
  • 始めから疼痛時の指示がある場合には、素早い対応や処置が出来、患者さんに長く痛みを我慢させることはないでしょう。しかし指示が出ていない場合には、痛みに対する処置を素早く行うことが出来ません。
  • 痛みを訴えることが予測できる疾患の患者さんについては、始めから医師の指示を出しておいてもらうと良いかもしれません。
  • 精神的なストレス等が原因で出現する疼痛もあります。原因が分かっている場合には、その原因を除去することで症状は軽快する可能性があります。
  • 患者さんの個別性を出すために、足りない所や必要なことは補足します。患者さんにとって、不必要であるところは削除して使用します。

 #1急性疼痛

S:・苦痛表情・活動低下・体動不能・食欲低下・血圧呼吸状態の変化・発汗・悪心嘔吐・睡眠障害・疼痛を表現する言動(泣く呻る訴える)・腹痛腰痛・胸部痛・身体不動性による圧迫痛・ガン痛

E:・骨折・外傷・熱傷・チューブやドレーンなど挿入・炎症(神経、筋肉、関節、皮膚)

 

スポンサーリンク

急性疼痛の短期目標

  • ①疼痛が緩和し良眠できる。
  • ①表情が明るくなり食欲が出る。

 

急性疼痛の観察計画(O-P)    

  • ①疼痛の有無と程度、持続時間。
  • ②疼痛による行動制限の有無。
  • ③創部の発赤、腫脹、熱感の有無と程度。
  • ④バイタルサインの変化。
  • ⑤言葉による疼痛表現。
  • ⑥ドレーンの位置、固定方法、流出状態。
  • ⑦腹部症状(腹部膨満感、便秘、下痢、悪心、嘔吐、腸蠕動)
  • ⑧検査データ。
  • ⑨食事量。
  • ⑩不安の有無、精神状態、睡眠状態。

 

スポンサーリンク

急性疼痛のケア計画(TーP)     

  • ①疼痛の原因についてアセスメントし、コントロールを図る。
  • ②疼痛が強度にならないように、早朝に指示に従い処置する。
  • ③安楽な体位の工夫、体位変換、マッサージを行う。
  • ④気分転換を図る(テレビ、ラジオ、散歩など)家族と一緒の時間を持ちリラックスさせる。
  • ⑤温罨法、冷罨法、湿布などを施行する。
  • ⑥不眠時は指示により眠剤を投与する。
  • ⑦患者さんのそばに居て安心感を与え、訴えを受容する。
  • ⑧歩行時疼痛があれば、車椅子や歩行器を使用する。
 
 

急性疼痛の教育計画(EーP)    

  • ①痛みを我慢しない、ありのままを伝えるように指導する。
  • ②痛みが強い時には、鎮痛剤を追加できることを説明する。
  • ③安楽な体位の取り方について指導する。
  • ④内服薬座薬、湿布薬について使用方法や、効果について指導する。
  • ⑤長時間の歩行や患肢に、負担をかける歩行は避けるように説明する。

 

看護計画
スポンサーリンク
退職まぢかの看護師のブログ|疾患別の看護計画の例です