看護診断・排尿の変調:尿閉/排尿困難

看護診断・排尿の変調:尿閉/排尿困難

スポンサーリンク

看護診断名と要因

  • #1 長期尿道カテーテル留置による膀胱感覚機能低下に関連した排尿の変調:尿閉/排尿困難
  • #2 膀胱括約筋の弛緩に関連した排尿の変調:尿閉/排尿困難
  • #3 脊髄損傷や筋ジストロフィーによる弛緩性麻痺に関連した排尿の変調:尿閉/排尿困難
  • #4 手術侵襲による神経損傷に伴う尿意の喪失に関連した排尿の変調:尿閉/排尿困難
  • #5 排泄行動の変化によるストレスに関連した排尿の変調:尿閉/排尿困難
  • #6 膀胱を空にする方法の知識不足に関連した排尿の変調:尿閉/排尿困難
  • #7 前立腺肥大による尿道狭窄に関連した排尿の変調:尿閉/排尿困難
  • #8 術後の麻酔の影響、床上安静による腹圧の低下に関連した排尿の変調:尿閉/排尿困難

目標

  • 自然排尿の確立ができる
  • 自己導尿、用手圧迫排尿方法が習得できる

観察項目

1 入院前の排尿パターン

2 排尿状態

3 飲水量

4 尿意の感じ方

5 残尿感と残尿測定の結果、尿失禁の有無

6 発熱と検査データ

7 ストレスの有無

8 用手圧迫排尿の手技の確認

スポンサーリンク

ケア項目

1 排尿パターンについてアセスメントする

2 ゆったりとした気分で排尿するよう環境の調整、体位の工夫をする

3 尿道カテーテル抜去後は、定期的に排尿を促し排尿がなければ間欠導尿、または排尿後残尿測定し記録に残す。残尿が多い場合は導尿の回数を増やす

4 飲水量を決め定期的に促す(1日○○ℓ)

5 必要時鎮痛剤を使用する

教育項目

1 家族にも水分摂取の必要性を説明する

2 自己導尿法、用手圧迫排尿の指導をする

3 下腹部の温罨法の有効性を説明する

参考資料:基準看護計画

タイトルとURLをコピーしました