看護診断・霊的苦悩

看護診断・霊的苦悩

スポンサーリンク

看護診断名と要因

  • #1 身体の一部または機能の喪失による罪の意識、羞恥心に関連した霊的苦悩
  • #2 病気の末期による信念の動揺、罪の意識、髪への怒り、死への恐怖に関連した霊的苦悩
  • #3 持続する強度の苦痛体験に関連した霊的苦悩
  • #4 流産早産による罪の意識に関連した霊的苦悩
  • #5 プライバシーの欠如による宗教的ニードの不足に関連した霊的苦悩

目標

  • 罪悪感、恐怖が減少したと表現できる
  • 心身に有害でない方法で宗教的儀式が行える
  • 自己の置かれた状態が受け入れられ安らかな表情になる

観察項目

1 信仰の有無と宗派

2 信条、宗教に伴う儀式の有無

3 表情、怒り、罪の意識、引きこもりの有無

4 宗教に伴う食生活に関連する言動

5 今までの価値観

6 死後の世界に対する考え方

7 家族又は宗教上のキーパーソン

8 睡眠状態

9 疼痛の有無の程度、疼痛に対する思い

ケア項目

1 信仰している宗教を尊重して、傾聴的な態度で接する

2 患者の手を握ったりタッチングする

3 お守りなどを用いても良いことを伝える

4 瞑想ができるよう環境の調整を行う

5 宗教上の儀式ができるよう環境、時間、人的配慮をする

6 他患者とのプライバシーの調整をする

7 宗教上の理由での食事への配慮をする

8 睡眠への援助をする

スポンサーリンク

教育項目

1 宗教上のニーズについての希望があれば遠慮せず話すように伝える

参考資料:基準看護計画

タイトルとURLをコピーしました