共同問題・合併症の潜在的状態:閉塞性黄疸

共同問題・合併症の潜在的状態:閉塞性黄疸

スポンサーリンク

消化器系患者の共同問題

合併症の潜在的状態:閉塞性黄疸/肝機能不全/肝性脳症/食道静脈瘤破裂

目標

  • モニタリングと医師の指示の実施

観察項目

1 バイタルサイン:血圧、脈拍、呼吸、体温

2 全身倦怠感の有無

3 消化器症状の有無:食欲低下、悪心、嘔吐、便秘、下痢、腹部膨満感、便潜血、腹水、吐血、下血 

4 胸部不快感、食道のつかえ感や腹痛の有無

5 便の量、性状、回数

6 皮膚、眼球結膜の黄染の有無

7 皮膚の掻痒感の有無

8 体重、腹囲、水分出納

9 意識障害の程度

10 はばたき振戦の有無、アンモニア臭の有無

11 手掌紅斑、クモ状血管腫、女性化乳房の有無

12 検査データ:アンモニア、AST、ALT、ビリルビン、電解質

13 低カリウム血症(不整脈、代謝性アルカローシスなど)

14 出血傾向の有無

15 心電図の異常の有無

16 胆汁の排液量と性状

ケア項目

1 指示された安静が維持できるように援助する

2 排便が毎日あるようにコントロールする

3 指示された薬剤を確実に与薬し輸液の管理をする

4 留置中のTチューブやPTCD、ENBDの管理を行い胆汁の排液を促す

5 指示により肝性昏睡治療薬を与薬する

6 指示によりSBチューブの準備をする

7 異常があれば早期に医師に連らくする

8 吸引、救急カートをすぐ使用できるように準備する

教育項目

1 異常な症状があればすぐに報告するように指導する

参考資料:基準看護計画

タイトルとURLをコピーしました