共同問題・合併症の潜在的状態:流早産

共同問題・合併症の潜在的状態:流早産

スポンサーリンク

産科系患者の共同問題

合併症の潜在的状態:流早産/胎児仮死/子宮内感染/胎盤早期剥離/子癇/子宮破裂/分娩前出血/分娩後出血/産褥熱

目標

  • モニタリングと医師の指示の実施

観察項目

1 バイタルサイン

2 内診所見:子宮口の拡大、出血、早産原因、流産出血、

3 腹部の所見:子宮収縮の有無、陣痛発作時間と間隔、腹部の圧痛や激痛の有無

4 不正出血(性状、量)

5 破水の有無(性状、量)

6 検査データ:腎機能、肝機能

7 常位胎盤早期剥離症状:下腹部の持続的激痛、収縮

8 子癇前駆症状:頭重感、頭痛、眩暈、不眠、悪心、嘔吐

9 けいれん発作の有無とタイプ(間代性、硬直性)

10 水分出納

11 浮腫の有無、部位、程度

12 体重増加の有無と程度

13 悪露の状態、性状、量、臭気の有無

14 外陰部の創状態や血腫の有無

15 尿閉や残尿感の有無

16 胎児の状態:胎児心音、胎動の有無と状態

スポンサーリンク

ケア項目

1 安静の保持ができるよう援助する

2 努責をかけずに排便ができるよう、指示の薬剤を与薬する

3 排尿のコントロールを図る

4 指示された薬剤を正確に与薬する

5 胎児の異常を早期に発見し医師に報告する

6 復古不全持は子宮底を冷やしたり輪状マッサージを行う

7 急変時に備えて酸素吸入、吸引、救急カートをすぐに使えるように準備する

教育項目

1 異常な症状があればすぐに報告するように指導する

参考資料:基準看護計画

タイトルとURLをコピーしました