糖尿病の看護計画

スポンサーリンク

病棟で使用している看護計画を紹介します

看護計画に個別性を持たせるために、患者さんに合っていない部分は削除し、

たりない部分を補足して使用します。

 

#1 効果的治療計画管理:糖尿病

S:・毎日、朝と夕方の食後、歩くことにしたがどのくらい(時間)歩けばよいのか。 

・インシュリンの量がもう少し減らせるようになったらよいけれど。

・病気の進行を抑えたい。

・独居で自炊なので食事の自己管理ができるようになりたい。

・生野菜でボリュームをもたせたらよいと聞いたが。

・血液データが悪化していくので良くしたい。 

 

 

効果的治療計画管理:糖尿病の短期目標

①治療に沿った日常生活活動が理解できる。

①治療と合併症予防管理が理解できる。

①血糖値が安定する。

① 病院食に慣れ食事内容が理解できる。

 

スポンサーリンク

効果的治療計画管理:糖尿病の観察計画(OーP)

①疾病に対する知識、理解度、学習意欲。

②日常生活行動、活動状況。

③食事の摂取量、食事療法についての理解度。

④症状の観察

・身体症状(低血糖高血糖症状の有無、視力障碍、下肢しびれ、知覚異常)

・精神症状(不安やストレスの有無)

⑤検査データ把握(FBS・HBAIC)

⑥インスリン自己注射や事故血糖測定の手技。

 

スポンサーリンク

効果的治療計画管理:糖尿病のケア計画(TーP)

①信頼関係を築き相談者になる

・不安や不明点、不便な事。

・病院食の味付け、量、メニューは理解できたか、食品交換について。

②服薬確認。

③血糖値自己測定、インシュリン自己注射の方法と確認。

④栄養士による栄養指導の機会を設ける。

 

 

効果的治療計画管理:糖尿病の教育計画(EーP ) 

①退院に向けての指導。

・食事や運動、薬物療法の自己管理の継続の必要性。

・低血糖、高血糖時の対処法。

・情報提供ー食事宅配サービスや保健機関の利用など。

 

 

看護計画
スポンサーリンク
退職まぢかの看護師のブログ|疾患別の看護計画の例です