共同問題・合併症の潜在的状態:内視鏡検査に伴う出血

共同問題・合併症の潜在的状態:内視鏡検査に伴う出血

スポンサーリンク

検査に伴う共同問題

合併症の潜在的状態:内視鏡検査に伴う出血/感染/穿孔/気胸/喀血/ショック(アナフイラキシー、心因性)

目標

  • モニタリングと医師の指示の実施

観察項目

1 バイタルサイン:血圧、脈拍、体温、呼吸

2 ショック症状:脈拍低下、頻脈、努力呼吸、冷感、顔面蒼白

3 意識レベル、瞳孔の状態、痙攣の有無、精神症状

4 造影剤の副作用(頭痛、悪心、嘔吐、急性腎不全徴候)の有無

5 咽頭不快感、咽頭痛、嗄声の有無

6 咽頭麻痺の改善の有無

7 検査データ:RBC、WBC、血小板、凝固機能CRP、ESR、胸部レントゲン写真

8 出血の有無と出血量

9 検査に対する恐れ、検査時の痛みに対する患者の反応、言動の把握

10 気管支鏡:喀痰の性状、咳、肺雑音、胸痛、呼吸困難、喀血の有無

11 上部消化管内視鏡:胸痛、悪心、嘔吐、腹部膨満感

12 下部消化管内視鏡:腹痛、便の性状、下血の有無

13 腹腔鏡:創部出血、腹痛、腹部膨満感、腹部緊満間の有無

看護診断・共同問題によるすぐに役立つ標準看護計画
by カエレバ

ケア項目

1 安楽な体位をとり保温に注意する

2 患者を励まし勇気づける

3 指示の安静時間が守れるように援助する

4 喀血時、嘔吐時は顔を横に向け頻回に吸引する

5 急変時に備えて酸素吸入、吸引、救急カートをすぐ使用できるように準備する

教育項目

1 異常な症状があればすぐに報告するように指導する

参考資料:基準看護計画

タイトルとURLをコピーしました