共同問題・合併症の潜在的状態:痙攣重積発作

共同問題・合併症の潜在的状態:痙攣重積発作

小児の共同問題

合併症の潜在的状態:痙攣重責発作

目標

  • モニタリングと医師の指示の実施

観察項目

1 バイタルサイン:血圧、脈拍、呼吸、体温

2 頭蓋内圧亢進症状と髄膜刺激症状の有無:

 ①不機嫌、不穏、大泉門緊張の膨隆の有無

 ②頭痛、悪心、嘔吐、頸部硬直の有無

 ③瞳孔散瞳、瞳孔散大、対光反射の有無

 ④意識状態の低下の有無

 ⑤血圧上昇や徐脈の有無、呼吸状態の変動

3 けいれんと有無とタイプ(強直性、間代性)痙攣部位、持続時間、けいれん発作の間隔

4 けいれん発作の誘因は何か

5 抗痙攣剤服用の有無と血中濃度

6 検査データ:WBC、CRP、髄液、CT、MRI

ケア項目

1 医師の指示により抗痙攣剤を準備する

2 急変時の備えて酸素吸入、吸引、救急カートをすぐ使用できるように準備する

3 発作中患者のそばを離れない

4 発作時にはカーテンを引きプライバシーを保護する

5 呼吸抑制時は気道を確保する

6 咬舌を予防する

教育項目

1 異常な症状があればすぐに報告するように指導する

参考資料:基準看護計画

タイトルとURLをコピーしました