美容外科看護師仕事内容とメリットについて

看護師は一般的に、病気の人を看護するために働くというイメージがありますが、美容外科を訪れる患者さんは、もちろん病気を治療するために訪れるのではありません。

美容外科は美を求める患者さんの要望に応えるために治療するところです。

美容外科看護師の仕事内容は、医師の介助が主になります。                

スポンサーリンク

1美容外科看護師仕事内容

治療は手術が主になりますから、一般的な美容外科看護師の仕事は手術の介助という事になります。

手術に使用する医療器具の洗浄、滅菌消毒や準備を行いますし、術後の患者さんの経過観察などを行います。

検査に必要な採血や治療の為の注射などももちろん行います。

 

手術室経験のある看護師を優遇する美容外科もありますが、そうでなくても指導により十分に仕事はできます。

主な診療には埋没法や目頭切開、豊胸手術や脂肪吸引などがありますが、美容外科によって治療内容は様々です。

 

美容外科看護師のメリット

一番に上げられるのは給料が高額だという事です。

美容外科は病気を治療するのではなく美容に関心がある人が保険の適用に関係なく自分の意思で受診してきます。

治療費が高額なのですから看護師の給料も高額になるのは当然かもしれません。

病院勤務のように夜勤や日曜出勤、時間外勤務がないのも魅力的です。

患者さんを看護する精神的疲労や肉体的疲労が蓄積している病棟看護師にとっては興味をそそられる勤務内容です。

仕事のことを考えて一日中過ごすことがなくなるので、私生活を充実させることが出来るでしょう。

研修やセミナーなど仕事の他にしなければならない半強制的なイベントにも参加しなくてもよいのです。

自分の時間を趣味に当てたり、友達の為に当てたりすることが出来ます。給料が高額であるために生活レベルを上げることも可能です。

 

スポンサーリンク

美容外科看護師に向いている人

美容に興味のある人が向いています。興味のあることは早めに覚えることもできますから、仕事の能率を早めることが出来ます。

若い看護師の方が、来院する患者さんの美容外科に対するイメージアップに貢献できそうです。

時間を有効に使いたい人、趣味などを大切に考えている看護師には時間外勤務などがないので時間に余裕が出来ますから適しているでしょう。

医師の施術の介助などをしますから、美容に関しての知識が増えるというのも魅力的ですね。

美容に関心がある看護師は、自分にあてはめることもできる施術などを、無料で覚えることが出来るという事もあるでしょう。

 

 

2 クリニック看護師の仕事

看護師として働く人生を送っていても、年齢に応じて仕事の形態を変えなければならなくなる時があります。

常勤のまま勤務を続けることが出来る人もいれば、やむなく非常勤として働かなければいけなくなる時など、その時々の看護師のおかれた環境によっても仕事のスタイルが変わります。

クリニックは病院勤務と異なり夜勤がないので、働きやすい職場だと感じる看護師は少なくないでしょう。

 

クリニックの仕事は病棟勤務の仕事と異なり、直接患者さんの命に関わる仕事は殆どありません。患者さんは、症状が重ければ最初から大学病院などの大きな病院を受診します。

 

軽い症状でクリニックを受診しても大きな疾患が隠れていることを予測できれば、医師は紹介状を書きます。

その点は精神的な負担が少ない状態で仕事をすることが出来ます。

クリニックの診療科によって業務内容は異なりますが、一般的に看護師であれば困難なくこなせるでしょう。

 

仕事内容は診察介助や採血検尿などの医師の補助的仕事が主です。

外来患者さんと直接かかわるので、看護師の印象がクリニック自体の印象になってしまう可能性が大きいです。

 

スポンサーリンク

クリニック看護師のメリット

クリニックで働くメリットは何といっても夜勤業務がないという事です。

それに日曜出勤の仕事もありませんから家庭と仕事を両立している看護師にとっては非常にありがたい職場と言えます。

自宅近辺のクリニックで働くことで、家庭を中心とした生活スタイルを維持することも可能になります。仕事の為に家族との生活を後回しにしたり家族を犠牲にすることもありません。

母親の看護師にとってクリニックは、身近で働きやすい職場です。

仕事内容も病院と異なり単調なところが多くなります。

入院している患者さんの、状態に合わせた看護をするのではないのです。

患者さんが受診してくるのです。言い返せば、外来に通院出来る程に元気だとも言えます。

クリニックでは生命の危機にさらされている患者さんの看護をすると言うのではありません。

医師の治療補助の仕事が主なのです。時間に制約されることも少ないです。

昼間の休憩時間が病院勤務よりもずいぶん長くなりますから、その間私用を済ませることも可能でしょう。

 

クリニック看護師に向いている人

病院勤務のように仕事が不規則ではないため、子育て中の看護師や家庭を第一に考えている看護師、家族の都合などで病院勤務ができない看護師には適しています。

 

アルバイトやパートなどの非常勤勤務を考えている看護師には向いている職場です。

掛け持ちで仕事をする人や、仕事と同じように生活や趣味などを大切にしている看護師には合っている職場だと言えます。

 

また患者さんと触れ合う機会も多くなりますから、人間関係を良好にすることが得意だという看護師にも適しています。クリニックの看護師が変わっただけで集客を多くすることもできるのですから、看護師の役目は大きいです。

 

潜在看護師が再就職しようとする時には、クリニックで勤務することをお勧めします。

病棟で患者さんの看護をするよりも看護師の仕事に慣れることができやすい業務内容です。

転職する時にはネットの看護師転職サイトを見ると良いでしょう。自分の勤務条件に合った職場が多く掲載されているでしょう。

まずは看護師転職サイトに登録して無料で情報を得て、就職先を探してみても良いですね。

 

クリニック看護師のデメリット

クリニックで働く看護師のデメリットは、給料面かもしれません。

病院勤務のように夜勤業務や日曜出勤がありませんから、当然手当も少なくなります。

クリニックにもよりますが、昼休憩が長く勤務時間が短くなりやすいので基本給も病院勤務の場合と比較すると低額になるところが多いです。

しかしクリニックの診療科によっても給料は異なりますから、その辺は良く調べてから転職をすると良いでしょう。

クリニックは仕事の内容に変化が少ないことから、看護師としての仕事に不満を感じる人や仕事内容に飽きてしまい退職してしまう人もいます。

看護師としてのスキルを高めたいと考えている看護師にとっては物足りないかもしれないし、クリニックの診療科によって多少異なることもありますが、希望がかなえられることは少ないでしょう。