心療内科看護師の仕事とメリットについて

心療内科は、精神的なストレスなどが原因で体に現れる症状を治療する診療科です。

身体的症状を改善しながら、カウンセリングや投薬などを行い、原因となっている精神的な負担などを取り除く治療を行います。

スポンサーリンク

1心療内科看護師の仕事

心療内科の看護師の仕事は診察をサポートすることや、採血などの一般的な検査とその介助です。

心療内科を訪れる患者さんは何かしら精神的に問題を抱えている人が多いので、コミュニケーションをとる時には十分に注意が必要です。

 

患者さんの気持ちに寄り添う接し方が大切になります。不用意な看護師の言葉で患者さんをより傷つけることのないように、注意しなければなりません。

 

心療内科看護師のメリット

患者さんとのコミュニケーションそのものが治療や症状の改善につながってきますから、看護師のコミュニケーション力は確実に身につきます。

 

自分の接し方がすぐに表面に現れやすいのですから、看護師にとってはやりがいのある職場かもしれません。

心療内科はクリニック勤務のことが殆どなので、病棟勤務のように夜勤の業務や休日出勤などはありません。

子育て中の看護師や、家庭や自分の時間を大切にしている看護師にはありがたい職場ですね。

 

医療的な仕事は殆どないので、ブランクのある看護師でも経験豊かで人間的に優れた看護師であれば十分こなせる診療科だと思います。

 

現代社会では社会生活を営む上で、多くのストレスを抱えている人が殆どですから、今後の転職の際にも、心療内科勤務で得た知識や経験が活かされるでしょう。

 

スポンサーリンク

心療内科看護師に向いている人

患者さんと向き合い看護ができる、という点では精神看護を希望している看護師にとってはうってつけの職場です。

病棟勤務のように忙しく飛び回り患者さんとのコミュニケーションをとる時間さえないというようなことは、ほとんどないのです。

 

患者さんとゆっくり接し患者さんの話し相手になったり、悩みなどの相談にのることもできます。

看護師のコミュニケーション能力が必要ですから、そのことに自信のある看護師には適している職場です。

 

2耳鼻咽喉科看護師の仕事

  • 耳鼻咽喉科クリニックは、比較的に子供が多く受診します。しかし花粉時期などは年齢に関係なく男女を問わず多くの人が受診してきます。
  • 耳鼻科病棟では手術対応の患者さんが入院し、耳鼻科の手術が行われますから術前処置や術後の経過観察、医療補助、処置などが看護師の仕事になります。
  • 診療サポートも行いますが、吸入や吸引など看護師が直接患者さんの処置をすることも少なくありません。
  • 看護師は医師の診療がスムーズに行われ、患者さんが長く待合室で待つことを避けるために、受付や呼び込み、書類整理などできるだけ迅速に対応、行動することが必要です。
  • 耳鼻咽喉科では特殊検査が多くあります。聴力検査やテインバノグラム、SISI検査や眼振検査、平衡感覚検査や味覚検査などは耳鼻咽喉科独特のものです。
  • 検査内容の説明や検査の介助は、耳鼻咽喉科看護師の主な仕事です。
  • 耳鼻科クリニックは街のあらゆるところにあり、看護師の需要も高いです。仕事内容や給料などよく確かめてから就職することが必要ですね。

 

スポンサーリンク

耳鼻咽喉科看護師のメリット

  • 転職する前に特に専門的なスキルを特に必要としないので、耳鼻科が初めての看護師でも転職しやすいです。
  • 耳鼻咽喉科で勤務する時には、総合病院の外来勤務と街のクリニック、大きな病院の耳鼻咽喉科病棟勤務のいづれかになります。

 

  • 多くは街のクリニックが多いのですが、その場合夜勤や日曜出勤がなく、また重症の患者さんの看護をすると言うのでもないために、精神的に楽に仕事ができるでしょう。

 

耳鼻科特有の医療機器などを使用する検査や治療が多いため、それらに関する専門的なスキルは身につきますから、次に転職する時に有利になることもあります。

 

 

耳鼻咽喉科看護師に向いている人

  • 子供好きで子供の扱いが得意な看護師は耳鼻咽喉科に向いているでしょう。
  • 子供の対応が良いと悪いでは治療にかかる時間がすごく違ってきますから、ほかの患者さんへの影響も大きくなります。

 

  • 季節にもよりますが、インフルエンザ時期や花粉の時期などは、クリニックを受診する患者さんが非常に多くなります。
  • 看護師はすばやく機敏に対応することが出来る人が向いています。1人1人の患者さんとゆっくり話して対応していたのでは、結果的に時間がかかりすぎてクレームの原因になってしまいます。
  • 耳鼻科クリニックで働く看護師には、丁寧に接しながらも機敏さを併せ持つことが必要になります。