グループホームの看護師の仕事とメリットについて

グループホームでは認知症型グループホームが良く知られています。

5人から10人ほどの少人数の高齢者が専門スタッフのサポートを受けながら共同で生活をする施設です。

日常生活の中で、自分のできる仕事を行うことで症状の進行を防いだり、症状の改善を目的にしています。

スポンサーリンク

1 グループホームの看護師の仕事

  • 利用者自身が洗濯や掃除、料理などを職員と共に行います。
  • グループホームでは医療行為はいりませんから、介護職員が殆どといった施設も少なくありませんが、看護師を積極的に採用している施設もあります。
  • 看護師の仕事は利用者の健康管理が主でバイタルチェックが主になりますが、他には介護職員と同じく利用者と行動を共にして生活のサポートを行います。

 

 グループホームの看護師のメリット

  • グループホーム勤務の看護師は、病院勤務の看護師のように医療行為をする必要はありません。
  • 日常生活の援助をすることが仕事になりますから、仕事というより普通に共同生活をすると言う感じの施設もあるでしょう。

 

  • 病院の激務に心身ともに疲れてしまった、という看護師には、グループホームでの仕事が適度な休養になるかもしれません。

 

  • 少しの間グループホームで勤務することで心身ともに癒され、再び忙しい職場に戻ることが出来るという事もあるでしょう。

 

 グループホームの看護師に向いている人

  • 高齢者が好きな人が向いています。利用者との生活が中心になりますから、家庭的な人も適しています。
  • 料理が得意であったり、洗濯や掃除が好きな人でなければグループホームでの勤務自体が嫌になってしまうかもしれません。
  • 少人数の共同生活ですから、協調性に富み利用者間の仲を取り持つくらいの、配慮のできる人が向いています。

 

スポンサーリンク

2 デイサービスの看護師の仕事

  • デイサービスを利用する高齢者は、医療機関を利用せず自宅で生活していて日中のみデイサービスを利用します。いわゆるデイサービスは通所介護施設です。
  • デイサービスを利用することで家族の介護負担を軽減することが出来ます。高齢者にとっては外出することで、また多くの人と接する機会を得ることで生活に刺激を与え日常生活を活性化することが出来ます。
  • デイサービスの看護師の主な仕事は、デイサービスを利用する高齢者の健康管理をすることです。また入浴管理や服薬管理、医師が不在のために利用者の健康状態の急変などについては適切な判断をしなければなりません。
  • 急変することは殆どないので、看護師の仕事の他に介護の仕事を手伝いことも多いです。介護の仕事内容については各施設で異なります。レクレーションを一緒に行うこともあります。

 

デイサービスの看護師のメリット

  • 病院勤務の看護師の仕事と比較すると、夜勤や時間外勤務などがないので肉体的精神的に楽に働くことが出来るでしょう。
  • また休日勤務も殆どないので病院勤務を長く続けて疲労が蓄積している看護師などにはありがたい職場だと言えます。
  • 夜勤や時間外勤務がないので、その分収入は少なくなるかもしれませんが、自分の健康のことを考えてデイサービスを選択する看護師は少なくないです。

 

デイサービスの看護師に向いている人

  • 病棟勤務と異なり、医師の補助の仕事は殆どないです。看護師にとっては、看護というよりむしろ介護の仕事の方が多いデイサービスが殆どですから、楽に働くことが出来るかもしれません。
  • ブランクがある看護師にとっては、すぐに病院勤務をするよりもデイサービスなどの介護施設で勤務する方が、仕事にも慣れ看護師としての自信を持つことが出来るでしょう。
  • 子育て中の看護師や仕事と家庭の両立を図りたいと考えている看護師には、日曜休日、時間外や夜勤の仕事がないデイサービスは向いています。
  • 病院などで激務を続けてきた看護師にとってもデイサービスで働くことは、肉体的精神的休息を得る手段となるでしょう。
  • デイサービスでもいろんな施設がありますから、どの程度介護の仕事をしなければならないかなど、よく調べて納得してから就職すると良いですね。