常勤看護師の仕事とメリットについて

常勤看護師の仕事と言っても診療科によってかなり異なります。

一般的には非常勤の看護師と比較すると、より責任のある仕事をすることになるのは必然的です。

アルバイトやパート勤務の看護師と違い仕事の途中で時間が来たからと言って帰宅するわけにはいきません。

時間外勤務になっても、切りの良いところまで仕事をしなければ、次の勤務帯の看護師に負担をかけてしまいます。

スポンサーリンク

常勤看護師の仕事

次の勤務帯の仕事の多さを把握してるので、自分の仕事を残しては変えることが出来ないというのが人情でしょう。

 

どの診療科でも行われる一般的な看護師の日勤の仕事は、患者さんを把握し異常の早期発見をすることと、日常生活の援助です。

患者さんのADLはバラバラですから、患者さんの必要とする支援をプランに沿って行います。

 

バイタルチェック、食事介助に排泄介助、移行介助に入浴介助などを行います。リーダーであったりサブであったり、その日より、その日の業務はそれぞれ違います。

 

常勤看護師のメリット

常勤看護師のメリットは、非常勤看護師と違い責任のある仕事を任されるという事です。やりがいを持って自分の仕事をこなすことが出来ます。

 

責任ある仕事ですから、スタッフの指導やサポート、新人看護師の教育係などもあります。

病院や病棟の業務改正などのマニュアルつくりの時にも、その仕事を任されたりするでしょう。

 

非常勤の看護師と比較すると仕事は重くなるかもしれませんが、意欲のある看護師はやりがいを持って働くことが出来ます。

 

スポンサーリンク

常勤看護師に向いている人

看護師の仕事が好きで、同じ仕事でもコツコツまじめに行うことが出来る人が向いています。責任感のある人やリーダーシップをとることが好きな人も適しているでしょう。

 

患者さんや他の医療チームスタッフとの関わりが多いですから、コミュニケーションをとることが好きな人も向いています。

 

常勤勤務の看護師の仕事は勤務の時間帯もバラバラで夜勤業務もありますから、家族のサポートや理解のある看護師が向いています。