寝衣交換の方法・手順について

寝衣交換の方法・手順について

スポンサーリンク

寝衣交換の目的

発汗分泌物で汚染した寝衣を交換することで、皮膚の生理機能を外面から正常化に向けて整える

寝衣交換の適応

自分で着替えのできない臥床患者

看護技術の手順

アセスメント

・ 全身状態の把握

・ 上肢の機能評価

・ 寝衣交換の手順を検討

・ 清拭などと組み合わせる必要性の検討

準備

① 患者に説明して了解を得る

・ 患者の希望を聞く

・ 便意尿意の有無、検査や来訪者などの予定の把握

② 使用物品の準備をする

③ 環境の整備

・ 霊感を感じさせないための工夫

・ カーテンやスクリーン、ブラウインドなどを引く。

・ 椅子、オーバーテーブル、床頭台などを移動させ、ベッドを作業しやすい高さまで挙上し作業域を確保する

・ ベッドのストッパーを確認する

・ 毛布を掛け、かけていた寝具を扇子折にしながら引き下げて足元にまとめる

スポンサーリンク

寝衣交換の実施

和式寝衣の場合

① 患者に声をかける「汚れた寝巻きを着替えましょう」

② 寝衣のひもを取り去る

③ 新しい寝衣を広げて、右半身に相当する身頃を着ている寝衣の上にきちんと重ねる

④ 着ている寝衣の右軸を脱ぐ

・ 着ている寝衣の前身ごろを完全にはだけさせる

・ 襟を肩の方へ引き上げ、襟元を緩めてから肩を脱がせ、その後肘、手の順に脱がせる

・ 脱がせた寝衣は内側が中になるように棒状に巻いた後、背面に押し込む

・ 脱衣を開始したことで生じる霊感の程度を確認する

⑤ 清潔な寝衣の右見ごろを着る

・ 患者の前腕に右袖を通す

・ 右身頃をきちんと着せる。左身頃など来ていない部分は扇子折などにして背面に押し込む

・ 清潔な寝衣のひもを体の下から通しておく

⑥ 清潔な寝衣を背面に当てて着る

・ 患者に左側臥位になってもらう。この時頬部がはだけないように、前身ごろとおくみはきちんと体に着せておく

・ 着ている寝衣を内側に巻き込み、体の下に深く押し込む

・ 清潔な寝衣を、背縫いが背柱に一致するように合わせながらかぶせる

・ 清潔な寝衣をセンス織りにして体の下に押し込む

⑦ 清潔な寝衣の左身頃を着る

・ 患者に仰臥位になってもらう

清潔な寝衣の右身頃と汚れている寝衣の左身頃で患者の身体が覆われている状態を維持しながら、患者の背面から2つの寝衣を引き出す

・ 着ている寝衣の左軸を脱がせる。清潔な寝衣で胸の露出をカバーしながら脱がせていく。できるだけ内側を中にして落屑が出ないように丸めながら抜き取る

・ 左軸を通す。寝衣の袖を手繰り迎え手をしながら患者の手を握って誘導するようにするとよい

⑧ しわを伸ばし全体の美観を整える

・ 前合わせをゆるみなく整える

・ 両脇の身ハツ口に手を入れて、背面のしわを引っ張りながら伸ばす。

・ 腰部も同様に腸骨稜ふきんの脇線を掴み、腰に看護者の手が触れるまで後巾の寝衣を手繰って持ち、引っ張る。

・ 患者の両足の間から両裾を両手で挟み持ち、足下側に縦に引き伸ばして下腿部のしわをとる

・ かけ襟を再度整える

・ 紐を結び袂を整えた語、着心地などの最終確認を行う

患者を側臥位にして開始する場合

① 患者が向く方向へ行き、患者に側臥位をとってもらう

② 寝衣のひもをとり、看護者の身体で患者の身体を支えるようにして、上になっている側の袖部分を脱がせる

③ 汚れた寝衣は看護者が覆いかぶさるようになって患者の身体の下に押し込む

④ 上になっている側の患者の腕に清潔な寝衣の袖を通し、脇縫いを体に、背縫いを患者の背柱にあわせ、しわを伸ばしながら半身頃を着せる

⑤ 患者を仰臥位にする

⑥ 患者の背中の下になっているよごれたしんいをてまえがわからひきだ袖を脱がせて取り除く

⑦ 清潔な寝衣を背中の下から引き出し手前側の袖を通す

⑧ しわを伸ばし全体の美観を整える

・ 前合わせをゆるみなく整える

・ 両脇の身ハツ口に手を入れて、背面のしわを引っ張りながら伸ばす。

・ 腰部も同様に腸骨稜ふきんの脇線を掴み、腰に看護者の手が触れるまで後巾の寝衣を手繰って持ち、引っ張る。

・ 患者の両足の間から両裾を両手で挟み持ち、足下側に縦に引き伸ばして下腿部のしわをとる

・ かけ襟を再度整える

・ 紐を結び袂を整えた語、着心地などの最終確認を行う

前開きパジャマの場合(仰臥位)

① パジャマの上着のボタンを外し前を開く

② 上着の手前側を脱がせる

③ 清潔な上着の手前側を着せる

④ 看護者の枕側の手で、患者の向こう側の肩を支える

⑤ 看護者のもう一方の手で汚れた上着を先に、次に清潔な上着を背中の下から引き出す

⑥ 汚れた上着の袖を脱がせ取り除く

⑦ 患者の向こう側の腕に袖を通す

・ 袖を袖口からたくし持つ

・ 看護者の枕側の手で向こう側の前腕部を支えて肘を曲げる

・ 看護者のもう一方の手を袖口から入れて患者の手首をもって支える

・ 上着の袖の中に患者の手を通して袖を肩まで引き上げる

⑧ 上着の前を合わせ、上着のしわを伸ばす

⑨ 上着のボタンをかける

⑩ ズボンを脱がせる

⑪ 清潔なズボンをはかせる

・ 看護者が手でズボンの一方をたくし持つ

・ もう一方の手で患者の踵部を支え、患者の足を片方ずつズボンに通す。向こう側が先に手前側に次に通す

・ 患者のひざを曲げ、ズボンを患者のひざまで上げる

・ ズボンを腰部の手前までできるだけ引き上げる

・ 看護者が一方の腕を使って患者の腰部を持ち上げ、もう一方の腕でズボンを腰の上まで引き上げる

・ 患者の腰を下ろし、膝を伸ばす

・ ズボンの腰の周りにしわがないように伸ばす

寝衣交換後

① 患者を観察する。体位や爽快感なども確認する

② 寝衣を元通りに整える

③ オーバーベッドテーブル、いす、床頭台、ベッドの高さを元に戻す

④ ナースコールは患者のとどく位置に戻す

⑤ 寝衣の後始末を行う

参考資料:看護技術ベーシックス

タイトルとURLをコピーしました