摂食嚥下障害の原因疾患

摂食嚥下障害は、様々な疾患に伴って生じる症候群です。医療行為に伴う医原性の摂食嚥下障害や心理的原因による摂食嚥下障害も臨床上大切です。

スポンサーリンク

摂食嚥下障害の原因疾患

障害のタイプとしては嚥下運動をつかさどる神経系および筋肉の働きに異常が生じた場合と、局所の嚥下組織に異常が生じた場合に得あけて考えます。

 

最も多い原因は脳血管障害(脳卒中)です。高齢者では、麻痺などの明らかな症状が無くても脳には病変が認められることが多く、無症候性の脳血管障害と呼ばれます。

 

このような時に他の病気で全身状態が悪化すると嚥下障害が顕在化してきます。高齢者では常に摂食嚥下障害に注意が必要です。

 

スポンサーリンク

器質的障害を起こすもの

口腔・咽頭。

・舌炎、アフター、歯槽膿漏。

・扁桃炎、扁桃周囲膿瘍。

・喉頭・咽頭腫瘍(良性悪性)

・口腔咽頭部の異物術後。

・外からの圧迫(頚椎症、腫瘍など)

・咽頭炎、喉頭炎、咽後膿瘍。

・その他。

食道。

・食道炎、潰瘍。

・ウエップ、憩室。

・狭窄、異物。

・腫瘍(良性悪性)

・食道裂肛ヘルニア。

・外からの圧迫(頚椎症、腫瘍など)

・その他。

 

機能的障害を起こすもの

口腔・咽頭。

・脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷。

・脳膿瘍、脳炎、多発性硬化症。

・パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症。

・末梢神経炎(ギランバレー症候群など)

・重症筋無力症、筋ジストロフイー。

・筋炎(各種)、代謝性疾患(糖尿病など)

・薬剤の副作用、経管栄養チューブ。

・その他。

 

●食道。

・脳幹部病変。

・アカラジア。

・筋炎。

・強皮症、全身エリテマトーデス。

・薬剤の副作用。

・その他。

 

心理的原因となり嚥下障害を起こすもの

・神経性食欲不振症、痴呆(認知症)、拒食、心身症、うつ病、うつ状態。

・その他。

 

  参考資料:摂食嚥下障害ガイド