ひまわり

看護師仕事内容

輸血の方法について(看護師点滴方法)

輸血 目的:何らかの理由で不足した血液を経静脈的に補うために実施する①減少した循環血液量の回復、②組織への酸素運搬機能の改善、③血漿タンパクの補給、④凝固因子欠乏状態の改善、⑤交換輸血など 適応:①大量出血をして血液の補給が必要な患者、②血漿タンパクが不足している患者、③骨髄疾患の患者、④手術前の患者など
看護師仕事内容

点滴内静脈注射の看護手順について(看護師点滴方法)

輸液 目的:水分や電解質、栄養を経静脈的に持続的にかつ大量に注入する 適応:①脱水や外傷などで喪失した水・電解質・栄養素の補給、②浸透圧・膠質浸透圧などの恒常性の維持、③ショックなどにおける循環血漿量の維持、④検査・治療に向けた静脈路の確保、⑤経口摂取で不足する水分や栄養素の補給
看護師仕事内容

摘便の目的と看護について

摘便 目的:直腸下部に停滞した硬便を除去し、排泄を促進する 適応:①下剤内服や環境によって排便に至らない患者、②創傷や衰弱、高齢などで十分にいきめない患者、③二分脊椎などの疾患や脊髄損傷で下直腸神経麻痺がある患者
スポンサーリンク
看護師仕事内容

足浴と手浴の手順について

足浴・手浴 目的:手や足の汚れを取ると同時に、湯につけることによって交感神経の緊張を減弱し、局所の血液循環を促進する。足浴の場合は催眠目的もある。手浴は食事前の保清目的もある 適応:手や足に汚れのある患者。入浴ができない患者。食事前の保清。リハビリテーションの前処置
看護師仕事内容

洗髪手順の方法について

洗髪 目的:頭皮や頭髪の汚れを落とし、細菌感染や皮膚疾患を予防するとともに、頭皮を刺激して血流を促進し、患者に爽快感を与える 適応:入浴シャワー浴中に自分で洗髪を行えない患者など 看護技術の手順
看護師仕事内容

全身清拭の目的と手順について

全身清拭 目的:全身の皮膚を清潔に保ち、爽快感を得るために行う。また吹く行為を通して皮膚の血行を促進し、全身マッサージや自他動運動の機会を兼ねる 適応:安静臥床を必要とし、入浴シャワー浴による温熱刺激や活動負荷に耐えられない患者 看護技術の手順
看護師仕事内容

関節可動域(ROM)訓練の方法について

関節可動域(ROM)訓練 目的:①関節を動かさないことによる拘縮予防②静脈血栓、浮腫の予防③関節運動感覚への刺激を図り、随意運動を誘発する 適応:①意識障害や運動麻痺、筋力低下などにより、自分で関節を関節可動域まで十分に広げることができない患者②脳血管障害の患者
看護師仕事内容

寝衣交換の方法・手順について

寝衣交換 目的:発汗分泌物で汚染した寝衣を交換することで、皮膚の生理機能を外面から正常化に向けて整える 適応:自分で着替えのできない臥床患者 看護技術の手順 アセスメント ・全身状態の把握
看護師仕事内容

採血手順(血液検査)について

血液検査 目的:疾患の診断・経過観察および予防に必要な検査のために、動脈血検体の採取を行う 適応: ①検診や人間ドッグでのスクリーニング検査 ②ほとんどすべての疾患の診断③疾患の経過把握、治療効果の評価
看護師仕事内容

睡眠障害の改善の援助方法(高齢者の睡眠)

睡眠の援助 目的:生命維持に必要不可欠な睡眠が適切に取れるように援助する 適応:不眠を訴える患者。すべての患者。 看護技術のポイント 睡眠状態の評価
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました