看護師と人間関係

看護師と人間関係

医療現場でのコミュニケーション

今、コミュニケーションの必要性が医療現場で切に求められている。 心身をやむ患者にとって医療者とのコミュニケーションがうまく取れるかどうかが、その後の経過を大きく左右するとまで言われている。  医療現場簿コミュニケーション コミュニケーション不足から医療不信を招く例もしばしばあり、その多くが医療者側の対応に問題がある。
看護師と人間関係

コミュニケーションで避けたいABC

病院で患者に名字だけで呼びかけている場面に出会う。 名字だけだと同じ姓であったり、紛らわしく聞き取り間違いを起こすことがある。  患者本人であることの確認を常に確実に行いましょう フルネームではっきりと表現し本人であることの確認を常に行い、対応することが第一歩である。
看護師と人間関係

患者との良好なコミュニケーション法

 医療現場でのコミュニケーションの重要性を認識し、様々な患者とコミュニケーション行動が取れるよう日頃から意識して努力をする 入院、外来を問わず、患者は体調が悪く十分に気持ちを表すことが出来なかったり離すことが困難な状態であったり、また緊張して思うように話せなかったりする。
スポンサーリンク
看護師と人間関係

視覚障害患者とのコミュニケーション

視覚障害のある人とのコミュニケーション コミュニケーションをとるうえで、視覚機能レベルがどの程度障害されているか、視野の狭窄や欠損の程度を知ることによりコミュニケーションへの影響を考える
看護師と人間関係

言語障害患者とのコミュニケーション

言語障害のある人とのコミュニケーション 言語障害の種類は失語症と構音障害の二つに分けられる。 失語症はコミュニケーションの中核である理解力と言語の表出力の両者を伴うことが多い
看護師と人間関係

看護師とコミュニケーション・看護師とコミュニケーション「たずねる」と「きく」

「たずねる」ということ 「たずねる」という事は、相手から情報を得る事であり、英語では「ask」尋ねる、問う、質問する、人に尋ねる、質問することである。 何とか聞き出さなければと「尋問」となってしまったり、相手を操作することではない。たずねることは相手から必要なデータを得、相手の感情を理解し、相手の関心などを知ることである。
看護師と人間関係

仕事中に居眠りをする看護師

仕事中に居眠りをする夜勤専従の看護師のことについて、職場で少し噂になっている。 私の勤務する病棟では、夜勤看護師2人と介護職員1人の3人で、1病棟54人の患者さんを看ている。 2交代制なので夜勤の勤務時間は16時間ほどになる。 その間、2時間の休憩時間がある。 仕事中に居眠りできる?
看護師と人間関係

医師と看護師の人間関係

ここ2,3日一人の医師がナースセンターに入ってこない。 患者さんの検査データーを見たり指示を出すのは、もっぱら夜勤の時だ。 ある医師と看護師との人間関係があまりよくない。 コミュニケーションが良好にとれていない。 医師と看護師の人間関係は?
看護師と人間関係

スタッフ間の人間関係は難しい

中高年であり、決して若い年齢ではないのに、いつまでたっても人間関係は難しいと感じる自分だ。 特に職場でのスタッフ間の人間関係は、裏表がありややこしい。 スタッフ間の人間関係はいつでも難しい 表面的には笑顔で普通に接していても、内面では何を考えているのか分からない人間関係は怖いくらいだ。
看護師と人間関係

患者さんの家族の愛情と効力

患者さんの家族の愛情が、刺激になる 患者さんの反応がはっきりしない場合には、面会に来ても張り合いがないという家族が多いです。 しかしまた、私たち看護師には理解できない患者さんの些細な反応に対しても、家族が察知して喜ぶこともあります。
スポンサーリンク