精神看護計画

看護計画

統合失調症の看護計画

#1非現実的な思考が優先されるために、セルフケア行動が取れない 目標1:食事、入浴、洗面の誘導に応じることが出来る 目標1:休息、睡眠、活動のバランスを適切に保つ OーP(観察) 1表情、言動、精神症状(幻覚、妄想)の有無 2入浴、洗面、歯磨き、更衣状況(自主的に出来ているか、誘導時の反応、洗身洗髪の有無、口臭眼脂の有無など) 3身の回りの整理整頓ができているか 4食事摂取状況(自主的に出来ているか、誘導時の反の黄、拒食はないか、食べ方、食べる量、スピード、水分は取れているか)体重 5清潔や食事・整容に対する興味・関心 6排泄状況
看護計画

不穏状態のある患者の看護計画

#1不穏状態にて安静が守れず危険である 目標:危険なく安静が保てる OーP(観察) 1不穏状態の観察 a意識レベル b VS c点滴、ドレーン、留置カテーテル挿入中であれば、その抜去の有無 2抑制中の観察 a適切な抑制法か:良肢位
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました