腎・泌尿器・男性生殖器系看護計画

看護計画

前立腺がん患者の看護計画

#1術後合併症の恐れがある(出血、創部痛、創部感染、尿路感染、肺塞栓、深部静脈血栓症) 目標:手術後の合併症が起こらない OーP(観察) 1体温、脈拍、血圧、呼吸数 2疼痛:部位と程度、体動時の変化、鎮痛薬の効果 3ドレーンからの排液量と性状 4創部からの浸出 5膀胱内留置カテーテルからの尿量と性状、尿漏れの有無 TーP(実施) 1ドレーンやカテーテルを注意深く丁寧に吸いながら体位変換を行う。手術翌日から立位歩行へと促す
看護計画

前立腺肥大症患者の看護計画

#1前立腺肥大による尿道圧迫の為に排尿障害がある 目標:排尿障害が解消あるいは軽減する 目標:排尿障害に伴う生活への影響(睡眠障害、活動範囲の制限)が改善できる OーP(観察) 1排尿障害の程度 2腎機能低下の症状と検査値 3尿路感染症の症状と検査値 4飲水量と飲水時間 5睡眠時間と熟睡感
腎・泌尿器・男性生殖器系看護計画

慢性糸球体腎炎患者の看護計画

#1診断・治療に対する不安がある 目標:診断・治療に対する不安を緩和できる OーP(観察) 1不安の徴候(生理的・心理的反応及び言動) 2不安の程度 TーP(実施) 1診断や治療について、患者の質問や疑問に答える 2患者が不安を表出できるように、患者と落ち着いて話をする時間を持つ
スポンサーリンク
看護計画

PNL(経皮的腎尿管切石術)PNS(経皮的腎婁造設術)を受ける患者の看護計画

#1数日に分けて手術を行うことがあるため手術に対する不安がある 目標:術後の状態が理解でき不安なく受け入れられる TーP(実施) 1医師からのムンテラ内容を把握する 2患者がムンテラ内容の理解度を知り、十分に理解できていないようであれば再度行う 3術前オリエンテーションを行う EーP(教育) 1術後、腰部に腎瘻カテーテルが挿入されていることを説明する
看護計画

腎摘出術を受ける患者の看護計画

#1検査、手術に対する不安がある 目標:検査、手術の内容が理解でき不安が軽減される OーP(観察) 1患者の言動、態度 TーP(実施) 1患者の訴えを聞き何が不安なのか把握する 2術前検査オリエンテーションを十分行う a  IVP、CT、エコー、膀胱鏡について 
看護計画

エコー下腎生検における看護計画

#1検査に対して種々の不安がある 目標:検査に対して十分理解できる 目標:床上排尿と30秒の腹臥位呼吸停止ができる OーP(観察) 1検査に対する知識 a病識と検査の必要性 b検査について医師から説明を受けた後の理解度 2排便の状態 3睡眠の状態
看護計画

尿管皮膚瘻造設術を受ける患者の看護計画

#1尿路が変更になる不安がある 目標:自分の術後の排尿方法を具体的に言える OーP(観察) 1医師より家族及び患者に手術方法、麻酔術後の状態の説明がなされる時に、どの程度理解d家居ているかを確認する TーP(実施) 1尿路変更による不安を理解する 2尿路変更術を行い現在社会復帰している人がいることを説明する 3導尿口の確認とバリケアの皮膚のかぶれをテストする
看護計画

腎切石術を受ける患者の看護計画

#1腎結石、水腎症による痛みがある 目標:苦痛が緩和される OーP(観察) 1 VS 2疼痛の種類、部位、程度 3放散痛の有無、持続時間 TーP(実施) 1シムス位又は屈曲位など体位を工夫する 2医師指示にて鎮痛剤を使用する 3疼痛増強の場合、硬膜外ブロックを施行する為医師の介助を行う
看護計画

体外衝撃波結石破砕術を受ける患者の看護計画

#1治療に対して不安がある 目標:治療により予測される随伴症状が理解でき不安が軽減される OーP(観察) 1治療、随伴症状に対する理解度 2不安の程度
看護計画

尿路感染症患者の看護計画

#1急性副睾丸炎による陰嚢部疼痛、腫脹、発赤、発熱がある 目標:炎症が軽快、消失する OーP(観察) 1VS(特に熱型) 2陰嚢部の腫脹、発赤、疼痛の有無と程度
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました