豆知識

豆知識

投信選び・運用額は大きいほどいい?

純資産総額の推移をみる 純資産総額は、時価総額から信託報酬などのコストを差し引いたものです。 投資信託の残高のことです。 原則として純資産総額は、大きいほうが有利だとされています。 資産の減少は危険信号?
豆知識

投資信託選びには運用実績をチェック!

トータルリターンをチェックする トータルリターンは、対象期間中にその投資信託がどれだけ値上がりしたかという基準価額の変動率を表したものです。 トータルリターンは、その投資信託の過去の利回りであると考えてよいでしょう。 過去3年間のトータルリターンが5%なら、5%の年平均の運用利回り実績があるということになります。
豆知識

投資信託選びの第一歩は、特色をとらえる

投信選びのポイントは、ファンドの特色をとらえる 投資信託は千差万別で、全く同じものはありません。 似ているように見えても少しずつ異なります。 投信選びの第一歩 例えば、同じアジアに投資する投資信託でも、その内容は様々です。
スポンサーリンク
豆知識

理想の資産配分を決めるには?

安定運用か積極運用か決める 国内資産中心の安定運用タイプか、外国資産中心の積極運用タイプか、どちらのタイプが自分に合っているかを決めることが必要です。 目標利回りがわかれば、最適な資産配分が見えてきます。 資産配分は目標利回りで決まる
豆知識

株式型は、複数銘柄に分散投資できる?

複数銘柄に分散投資できる株式型 投資信託の中で、投資先に株式を組み入れることができるタイプのものを、株式型といいます。 このタイプは、組み入れ銘柄の株価に応じて基準価額が変動し、債券型よりも大きなリターンが狙えます。 株式型は、株式市場の状態と、組み入れる銘柄のタイプによって成果が変わります。
豆知識

投資信託のメリットは?

少額で低リスクで運用できる投資信託 投資信託には、ほかの投資にはない様々なメリットがあります。 それは、簡単に少額で始められて低リスクだということです。 初心者に向いている理由は? 投資の初心者に向いている3つの理由があります。
豆知識

投資信託は長期投資が有利

投信の長期投資が有利な理由 投資信託は、短期売買でなく、ある程度長期に保有することを前提とした商品です。 長期保有するメリットには以下のことがあります。 長期保有のメリット ①複利効果が生まれる
豆知識

販売手数料が無料のノーロード投信

インデックス型に多いノーロード投信 投資信託の運用では、購入時に販売会社に支払う販売手数料と、信託期間中に運用会社に支払う信託報酬があります。 販売手数料が無料のものを、ノーロード投資信託といいます。
豆知識

アクティブ型は大きなリターンを狙える?

アクティブ型はファンドマネージャーの腕次第 指数との連動を目指すインデックス型に対して、指数を上回るリターンを目指すのがアクティブ型です。 株価が割安な銘柄や、成長力のある銘柄を見つけ出し大きなリターンを得られるように運用するタイプの商品です。
豆知識

インデックス型は値動きが安定

市場を丸ごと買うインデックス 投資信託は、どれだけ積極的にリターンを狙いに行くかによって、インデックス型とアクテイブ型に分けることができます。 インデックス型は、日経平均株価やTOP-Xといった株価指数に連動するように運営されているものが中心です。
スポンサーリンク