野菜つくり

野菜つくり

サマーサボリー・シソなどのハーブ栽培は?

サマーサボリー・シソ・チコリの栽培 強い香りとピリッとした辛みのサマーサボリー 地中海沿岸、原産の古代ローマ時代から利用されているハーブです。 食欲増進、整腸作用、防腐作用があるといわれています。 仲間に低木のウインターさぽりーもありますが、こちらは1年中葉を収穫できます。
野菜つくり

野菜つくりのコツは?

よい株の育て方 株を上手に育てるには、生育に合わせて間引きを繰り返し、作物に合わせた保温、支柱立て、土寄せなどが大切です。 間引き 苗が育ち、葉が重なり合うようになると、日当たりや風通しが悪くなります。
野菜つくり

野菜つくりのポイントは?

野菜つくりのポイントは? 野菜の種類は多いですが、作業のポイントなどは似通っている点が多くあります。 通常の野菜つくりのポイントをまとめます。 畑の準備 ほとんどの野菜は酸性に弱いので、栽培の2週間前には、苦土石灰を散布してよく耕し、酸性の土壌を中和しておきます。
スポンサーリンク
野菜つくり

アスパラガス栽培は簡単にできる?

アスパラ栽培 家庭菜園に最適なものは、メリーワシントン、カリフォルニア500です。 一度植えれば3年目から約10年間は、収穫できます。 種の準備 種は約30度Cのぬるま湯に一昼夜浸し、十分に吸水させます。 苗床の準備
野菜つくり

ハーブの保存と活用について、知っておきたいことは?

ハーブの保存法 料理に香りや風味、彩を加えるハーブがは、肉や魚の臭みを消す働きもします。 育てたハーブを使用した残りを、どのように生かし保存すればよいのでしょうか? バジル 収穫 草丈が20cmぐらいになったら収穫できます。 一番上に出た芽を摘むと、わき芽が出て収穫できる葉が増えていきます。
野菜つくり

ミョウガは日本の気候に合っている?

ミョウガの栽培 日本の気候に合った野菜です。 半日陰で湿った土を好むので、庭木の下などでも育ちます。 一度植えておくと、何年でも収穫できます。 畑の準備 2週間前に酸性の土壌を中和するために、苦土石灰を平方メートル当たり100g散布し、よく耕しておきます。
野菜つくり

寒さが苦手なショウガの栽培

ショウガの栽培 暑いほどよく育ちます。 寒さが苦手で15度C以下ではよく育ちません。 育てやすい品種は、小ショウガの「金時」や「三州」、「谷中」などです。 畑の準備 2週間前に1平方メートル100gの苦土石灰を散布しよく耕して酸性の土壌を中和しておきます。
野菜つくり

料理用の残りから栽培できるクレソン

クレソン栽培 湿地や浅い小川の水中に自生する水辺植物なので、水栽培が向いています。 調理用に買った残りを、コップにさしただけでも育ちます。 容器の準備 深めのボールト大き目の水切りざるを用意します。 ざるには砂利か小豆大のハイドロボールを八文目まで入れておきます。
野菜つくり

菜っ葉の成長が早い!

菜っ葉も一気に大きくなった 最近暖かくなったせいか、菜っ葉も急に丈が大きくなってきました。 間引きしながら収穫し、食卓に出しています。 一袋ごと、種を狭い畑に全部まいたので、密集して大きくなり、間引きをしても追いつきません。 小さいものは根を抜いて捨てています。 それでも食べきれないくらいになります。
野菜つくり

小さめのイチゴがたくさん育った

小さなイチゴばかり 去年の秋に、イチゴの植え替えしていませんでした。 そのせいかイチゴ畑は、古株が畑のあちこちに散らばって、ワラを敷くスペースもないくらいになっています。 もともと湿り気がある土地なのか、苔が緑色に生えてきているので、ワラの代わりをしてくれるようでもあります。
スポンサーリンク