2016-02

健康情報

糖尿病合併症の合併症(糖尿病足病変、糖尿病腎症、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症)について

糖尿病合併症の糖尿病足病変 ・足病変のアセスメントは、足の状態やリスクを評価するだけでなく、足に関連する生活背景や患者の体験、さらには足を含めた身体に関する思いや考え方などを理解することである。 ・フットケアは主に足の観察、皮膚の爪のケアである。 身体の柔軟性や関節可動域、肥満度、視力や麻痺の有無など、患者の身体的要因によってもセルフケアの可否や頻度は変わる。
看護師仕事内容

高齢者の栄養療法の注意点

高齢者の栄養療法の注意点には、低栄養、脱水、誤嚥などが挙げられます。加齢によって消化管機能や嚥下機能が低下し、低栄養をきたしやすくなります。 高齢者の栄養療法の注意点は? また総体液量が減少するという生理的な変化と口渇感の少なさから、脱水に陥りやすくなります。さらに嚥下咀嚼機能の低下による誤嚥にも注意が必要です。
看護師仕事内容

経管栄養患者の胃食道逆流を防ぐ方法

経管栄養中に注入液が逆流したり嘔吐する事が良く問題になります。効果のある逆流防止対策を紹介します。 経管栄養患者の胃食道逆流を防ぐ方法 ①車椅子座位で注入する。 ベッド上でギャッジアップをすると、どうしてもずり落ちて体が水平になったり、腹部を圧迫する姿勢になりがちです。  そこで思い切って車椅子で注入することをお勧めします。もちろん車椅子乗車可能な患者さんに限りますが、これは大変効果があります。
スポンサーリンク
看護師仕事内容

摂食嚥下障害患者の基礎訓練と摂食訓練

摂食嚥下障害・基礎訓練と摂食訓練の一覧 目的又は対象障害(基礎訓練)摂食訓練。 ・リラクゼーション(頸部体幹の運動、呼吸法) ・呼吸筋の強化(腹式呼吸、運動機能維持向上)食前の嚥下体操。 ・嚥下筋群の強化(頭部挙上訓練・喉頭挙上筋群)食前の嚥下体操。 ・声門閉鎖の強化(ブローイング訓練)息こらえ嚥下。
看護師仕事内容

摂食嚥下障害の観察ポイント

摂食嚥下障害の観察ポイント ①摂食時の症状の観察。摂食嚥下障害を疑う主な症状 ・むせ(どういう時にむせるか) ・せき(食事中食後の咳は多くないか) ・痰の性状と量(食物残渣は無いか、食事を開始してから量は多くないか) ・咽頭異常感、食物残留感(部位) ・嚥下困難感(食品による差異) ・声(食後に声の変化はないか、ガラガラ声ではないか)
看護師仕事内容

胃瘻(PEG)からの栄養投与後の下痢

■胃瘻(PEG)からの投与開始後の下痢は、どうする?・下痢は経腸栄養施行時に20~30パーセントに発生し、最大の合併症です。液状経腸栄養剤の幽門通過速度は非常に早く、投与速度に比例して小腸への負担が増えます。・絶食期間が長いと腸管粘膜の萎縮が発生し消化吸収能が低下すること、大腸内での細菌叢が変化し水分吸収能が低...
看護師仕事内容

PEG栄養剤注入時の体位は?

PEG栄養剤注入時の体位は? 一般的に栄養剤の注入の姿勢は、患者さんの上半身を30度から90度に起こします。 座位を保つことが出来る患者さんには椅子や車いすに座ってもらいます。 褥瘡・寝たきり患者の注入について ・状態を起こさないで寝たまま注入すると、栄養剤が逆流して気管に入り誤嚥性肺炎を起こす危険があります。
看護師仕事内容(日常ケア)

口腔ケアはなぜ必要か?

口腔ケアは、スムーズな経口栄養を継続するために重要です。 また、経管栄養や経静脈栄養での栄養管理が必要なケースでは、特に誤嚥性肺炎のリスクが高まります。 これを効果的に防止する為に補口腔ケアは必須と考えられます。 口腔ケアは口腔内の汚れや細菌などを物理的に除去する器質的ケアと、低下した口腔機能を回復したり、口腔の廃用性の機能低下防止を図るために行う機能的口腔ケアがあります。
看護師仕事内容

看護師仕事内容・NSTの目的と役割

NSTとは 栄養管理に関する専門知識・技術を持った他職種から構成される医療チームのことです。 すべての医療の基本である栄養療法を支援することにより、治療効果の向上、合併症の減少が期待できると言われ、近年導入する施設が増えてきています。 ・NSTは1970年代にアメリカで誕生した栄養療法における医療チームです。
看護師仕事内容

中心静脈栄養の看護と中心静脈栄養の合併症とは?

中心静脈栄養看護、合併症とその対策は? 合併症はカテーテル留置時に引き起こされるもの、カテーテル留置中に引き起こされるものに分けられます。 その中でも留置中に引き起こされる合併症として、カテーテル感染は重篤化することもあり無菌的なケアが大切です。 カテーテル留置時に引き起こされる合併症
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました