2016-05

消化器系看護計画

肝がん患者の看護計画

#1食欲不振による栄養状態の低下をきたす可能性がある 目標:治療食の必要性を認識でき、制限のある中で自ら工夫して摂取できる OーP(観察) 1患者の食欲、食事摂取量の観察を行う 2体重減少
消化器系看護計画

肝膿瘍患者の看護計画

#1発熱に伴う苦痛がある 目標:発熱時は報告でき、早期に解熱が図れる OーP(観察) 1VS、悪寒、戦慄、発汗、口渇 2痙攣、意識障害、頭痛、全身倦怠感、関節痛、顔面紅潮 3検査データ
循環器系看護計画

洞機能不全症候群の患者の看護計画

#1アダム・ストークス発作を起こし、生命に危険が及ぶ可能性がある 目標:不整脈が早期に発見され有効な心肺蘇生が行われる OーP(観察) 1自覚症状:動悸、息切れ、頭痛、眩暈の有無 2失神発作の有無、程度と時間 3全身状態:BP、HR、呼吸、意識レベル、けいれんなど 4モニタの観察:入眠時、覚醒時 aHR、波形:P派の有無、P派とGRSの関係 5血圧値とその変動
消化器系看護計画

イレウス患者の手術前後の看護計画

#1閉塞性の為腸内圧の上昇、腸管拡張、吐き気、嘔吐が起こり、腹部膨満感、口腔不快感がある 目標:腸管内圧が下がり、吐き気、腹部膨満感、口腔不快感が緩和する OーP(観察) 1VS 2腹部状態の観察 a腹痛:持続的か間隔的か b吐気、嘔吐、吐物の状態、色、臭気 c腹部膨満感、排ガスの有無 d腸雑音の有無、排便の有無(性状、量、潜血)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました