2016-06

その他の看護計画

腔内照射を受ける患者の看護計画

#1入院により生活リズムが変化する為、不安を抱くことがある 目標:環境の変化に適応でき戸惑うことなく入院生活が送れる OーP(観察) 1入院生活に対する予備知識の確認 2入院生活への適合性を把握 a病室内の整理はできているか b人間関係は支障をきたしていないか 3経済面での負担 4オリエンテーション実施後の患者の理解度の確認
看護計画

骨髄線維症患者の看護計画

#1入院時疾患に対して不安がある 目標:闘病意欲を持つことが出来、入院生活を快適に過ごすことが出来る OーP(観察) 1表情、言動、不安に思っている点 2医師のムンテラ内容 3病名、検査の受け止め方、理解度 TーP(実施) 1医師からの病状説明を把握し統一を図る 2家族の話を聴き、患者の不安を引き出す 3頻回に訪室し、コミュニケーションを十分にとる 4信頼関係を持ち、患者の話を十分に聞く 5患者の社会的背景を知り、患者に合ったレベルで対応する
看護計画

特発性血小板減少性紫斑病患者の看護計画

#1入院時、疾患に対して不安がある 目標:疾患が正しく理解でき、闘病意欲が持てる OーP(観察) 1表情、言動、不安に思っている点 2病名、検査の受け止め方、理解度 3患者の背景:社会、家庭における位置、職業、経済状況 TーP(実施) 1患者とのコミュニケーションを持ち、信頼関係をつくる
スポンサーリンク
看護計画

ガスタンポナーゼ施行患者の看護計画

#1手術による不安がある 目標:心配事について話し合い、術前処置に協力できる TーP(実施) 1手術前オリエンテーション:用紙に基づく a必要物品の準備 b手術後の一般的経過:安静、食事、排泄、処置 2医師の指示による眠前、緩下剤の使用 3医師の指示による睫毛切除 4男性の場合は髭剃り施行
その他の看護計画

全身麻酔で手術を受ける患者の看護計画

#1手術に対して不安があり、また術前与薬により不穏となる可能性がある 目標:不穏が緩和され事故が防止される OーP(観察) 1前与薬の種類、量、時間、効果 2前与薬前後のVS 3一般状態 4言動 TーP(実施) 1搬入時
皮膚・外皮系看護計画

切縫術を受ける患者の看護計画

#1切縫術に関連する腫脹 目標:術後3日目より腫脹が軽減する OーP(観察) 1腫脹の程度と増減に有無 2創周囲の皮膚色、光沢 3創痛の有無、創痛の程度 4出血の有無 TーP(実施) 1ガーゼ汚染時、あるいは創痛痔医師に報告する 2鎮痛剤の使用(医師による) EーP(教育) 1創痛増強時はナースコールするよう指導する
皮膚・外皮系看護計画

植皮術を受ける患者の看護計画

#1手術及び麻酔に対する不安がある 目標:不安が緩和され手術がスムーズに受けられる OーP(観察) 1一般状態 2心理状態:言動 3睡眠状態 4食欲 TーP(実施) 1術前オリエンテーション 2術前処置 a剃毛:広範囲 b入浴、洗髪、爪切り 3術前練習
看護計画

下肢の人工関節置換術を受ける患者の看護計画

#1下肢の痛みや変形の為、ADLに制限がある 目標:適切な援助が受けられ、円滑な入院生活を送ることが出来る OーP(関節) 1疼痛  a安静時痛 b動作時痛 2鎮痛剤使用頻度 3腫脹 4変形 5脚長差 6跛行 7補助具:車椅子、杖 8 ADL:特に移動動作、トイレ動作 9肥満度
看護計画

手根管開放術を受ける患者の看護計画

#1手根管症候群に基づく、手のしびれや痛みによる巧緻動作の障害がある 目標:手に負担がかからないようなADLの工夫ができる OーP(観察) 1末梢神経症状 a拇指球筋委縮 b拇指対立運動傷害 c知覚異常 d手のこわばり e脱力感 f疼痛 2 ADL:特に食事、更衣、入浴動作
看護計画

溶血性貧血患者の看護計画

#1入院時、疾患に対して不安がある 目標:闘病意欲を持つことが出来、入院生活を快適に過ごすことが出来る OーP(観察) 1表情、言動、不安に思っている点 2医師の説明内容 3病名検査の受け止め方理解度 TーP(実施) 1医師からの説明を把握し、統一を図る
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました