看護師仕事内容

看護師仕事内容

経管栄養法・看護の留意点は?

胃チューブの挿入位置の確認は、エア音だけでは万全ではない これまで、経鼻栄養チューブの挿入位置を確認する場合、 気泡音を聴取すれば胃部に入っていると思われていました。 胃部のエア音聴取による消化管内音と、 肺に誤挿入してしまった場合の肺内音との区別はほとんど 不可能であることが分かり、 そのことによる医療事故も起こっています。 チューブ挿入時及び留置中においては、レントゲン撮影、 気泡音の聴取、
看護師仕事内容

輸液・採血・注射時の注意点

採血前に腕を叩いてはいけない 強くたたきすぎると、逆に血管が収縮し皮静脈が 細くなり見えにくくなるために、 採血がかえって難しくなります。 蒸しタオルで温めると、皮静脈が若干拡張し、 今まで見えにくかった皮静脈が現れてきます。 採血時は、血液が出てきてすぐに駆血帯を外さない
看護師仕事内容

気管吸引時の注意点

吸引カテーテルは陰圧を掛けながら挿入してはいけない ・ 肺胞の虚脱や低酸素の危険性があるので、   陰圧を掛けながらの吸引カテーテル挿入は不要です。 ・ 吸引カテーテルの挿入時、吸引カテーテルの先端が   気管分岐部に当たったら、少し引いてから陰圧をかける。 ・ 気管吸引で推奨される吸引圧は、   最大で20KPA(150mmHg)で、1回の吸引時間は10秒以内、
看護師仕事内容(栄養管理)

胃瘻造設術(PEG)の管理

1 PEGとは  PEGは、経皮内視鏡的胃瘻造設術と呼ばれ、内視鏡を用いて胃の内腔と腹腔の皮膚の間に瘻孔を増設する手術です。 PEGの適応と禁忌 ① PEGの一般的な適応。 ・ 経腸アクセスとして:脳血管障害、認知症などによる摂食不能、神経筋疾患による嚥下不能など。 ・ 誤嚥性肺炎を繰り返す場合:誤嚥による経口摂取不可能、 経鼻胃管留置に伴う誤嚥リスクが高い。 ・ 減圧の目的:幽門狭窄、上部省庁閉塞がみられる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました