軽度熱傷の治療

中毒・損傷系看護計画

軽度熱傷患者の看護計画

#1皮膚のびらん、水疱があるため二次感染を起こしやすい 目標:二次感染が予防され、苦痛なく治療が受けられる OーP(観察) 1皮膚の性状:発赤、腫脹、水疱形成、疼痛、浸出液の有無と性状 2 VS 3検査データ:白血球、肝機能、ウイルス検査 TーP(実施) 1軟膏塗布
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました