骨粗鬆症の看護

その他の看護計画

骨粗鬆症患者の看護計画

#1疼痛によってADLや運動能力が低下する 目標:疼痛が治まる 目標:日常生活において活動性が保持できる OーP(観察) 1腰部や背部などの疼痛の部位、程度、頻度、持続性、発症の期間、変化の程度や随伴症状など 2炎症の有無、腫脹、発赤、しびれの有無、程度 3立ったり座ったりする時の関節の不快感 4疼痛を憎悪させる状況 5日常生活動作や自立性などの身体機能
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました