免疫力を高め若返り効果のあるアルギニン!

成長ホルモンのアルギニン

中高年になってシミやら皺やドンドン増えている。
これ以上は避けたいと思っている時に、若返り効果のアルギニンの宣伝を見た。

私たちの体は眠っている間に成長ホルモンが出ている。
その、眠っている間にでる成長ホルモンと同じ役割をするのが、アルギニンだ。
私たちの体になくてはならないアミノ酸の一種だ。

眠っているだけで良いホルモンが出るんだから、本当は、若さの為の薬をわざわざ購入しなくても眠るだけで良いのだ。

と思ったけれども、若返り効果にひかれて注文した。
若返りのアミノ酸ともいわれている。

 
 アルギニンの効能

アルギニンには美肌だけではなく、目や髪にも効果があるという。

スイカから発見されたスーパーアミノ酸のシトルリンと一緒に摂取することで効果はますます上昇する。

できれば、シトルリンも一緒に購入した方が良いのかもしれない。
しかし、注文したアルギニンにはシトルリンも含まれている。

私の購入したものは一錠ではなく一包づつの粉だった。
一回に2包づつ摂取しても良く、1日2回でも1回でも良い。

摂取しすぎの分は、自然排出されるらしい。
これで、暫く経過を見ようと思う。

子供のことを「寝る子は育つ」とはよく言ったものだ。
大人になるとアルギニンは体内で合成できる。

しかし、子供の内は必要量の体内合成はできないので、食事などから摂取する必要があるそうだ。

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあった。
アルギニンはアミノ酸の一種でタンパク質の構成成分。

私たちの体はタンパク質のアミノ酸からできているのだから、アミノ酸は必須だ。
あの有名な味の素からもアミノ酸が出ていた。

成長ホルモンアルギニンの作用

アルギニンの働きの中で最も知られているのがアンモニアの分解促進。

アルギニンはまた脳下垂体に働きかけ、成長ホルモンの分解を促す。

成長ホルモンのアルギニンのその他の役割

免疫機能を高める働きや脂肪対処を促進する働きもある。

免疫効果が高まることで風邪もひきずらくなる。
ウイルスが体の中に入りずらくなるのだ。

アルギニンは分解されると一酸化窒素を生じる。
この一酸化窒素には、血管の平滑筋の緊張を緩める作用がある。
そして血圧を下げる働きもあることが分かっている。

高血圧や狭心症の治療薬を内服している人がアルギニンを摂取する時には医師に相談をする方が良い。

血圧が下がりすぎたり低血糖になる可能性もあるからだ。
腎疾患のある人はアルギニンの摂取を控えた方が良い。

スポンサーリンク