気管支喘息患者の看護過程アセスメント

アセスメントの視点と根拠・起こりうる看護問題

1全身状態の把握

患者から身体的心理的な状態を聞き検査データと合わせて重症度を判定することで包括的なケアを行うことができる

・全身状態の把握⇒呼吸数、呼吸の深さ、咳、痰、補助呼吸筋の使用、起坐呼吸、姿勢

・発作の原因、寄与因子、増悪因子を把握する

・発作の回数と過去の経過を把握する

・処方薬の服薬・吸入を指示されたとおりに実施しているか把握する

・酸素化の把握、チアノーゼの有無を把握する

・酸塩基平衡の把握

・血圧

・不安、恐怖心

・心理的ストレス

起こりうる看護問題:ぜんそく発作による呼吸困難、喘息発作に関連して換気が適正に行えない

2症状の部位、出現状況、程度の観察

低酸素血症の出現、急性呼吸不全の程度を把握することでぜんそく発作の重症度を検討し、治療計画、看護計画の立案にいかす

・呼吸困難は主観的な訴えであるため、客観的スケールも利用する

・低酸素血症の程度はPaO2測定により把握する必要がある

・痰の増加、ねんちょう度の高い痰、気管支けいれんにより効果的な気道浄化ができなければ低酸素症、急性呼吸不全を生じることになる

起こりうる看護問題:水分摂取が不足することで痰のねんちょう度が増し、気道浄化が困難

(チアノーゼ)

・口唇、爪床の観察を行う

・皮膚の発汗、興奮状態、意識の低下は低酸素の可能性がある

共同問題:低酸素血症

(呼吸困難)

・主観的呼吸困難の評価指標である修正版ボルグスケールなどで評価する

共同問題:低酸素血症

(起坐呼吸)

・呼吸困難のため臥位をとれない状態となる。姿勢は前かがみになることが多い

起こりうる看護問題:随伴症状に関連したQOLの低下、不安の増大

(補助呼吸筋の使用)

・胸鎖乳突筋、僧帽筋などを用いて呼吸している状態である

起こりうる看護問題:補助呼吸筋の使用に伴う疲労

(呼吸音・喘鳴)

・呼吸音を聴診し、肺への空気の出入りを把握する

・気管支の痰の貯留により喘鳴が現れる

・水分摂取量の低下により痰のねんちょう度が増し喀出を困難にする

起こりうる看護問題:水分摂取が不足することで痰のねんちょう度が増し、気道浄化が困難

3薬の効果の観察

吸入、内服、貼付薬の効果が表れているかどうかを観察する。薬の効果が見られない場合にはその原因を客観的に評価して、医師に相談の上治療方法を再検討するか、患者の服薬コンプライアンスを揚げるなどの対応が必要になる

・急性期には呼吸困難、酸素飽和度、喘鳴を指標に薬が効いているかどうかを観察する

・安定期にはピークフローを1日2回測定し症状の改善や発作予防の効果を観察する。薬が効いていない場合は薬の種類や量を変更するか、患者の薬物管理に問題がないかどうかを明らかにする必要がある

起こりうる看護問題:薬物療法に関する自己管理が不適切である

4患者家族の心理・社会的側面の把握

患者家族が喘息についてどのように認識しているかを確認する。服薬コンプライアンスにも関係し治療効果や治療継続の可能性にも影響をあたえるからである。治療を中断すると喘息死する可能性もあるため、治療継続の重要性について十分に説明する。また患者家族が不安を感じている場合には、精神的な援助を継続しなければならない

・喘息発作の状況について患者家族から聞き、今後の不安について把握する

・原因、寄与因子、増悪因子について説明し生活環境の中でどのような発作因子が存在するか考えてもらい、自宅や初期乳母などの環境整備を行い日常生活を送ることができるように説明する

・長期にわたる疾患管理のために精神的支援が重要であるため、患者や家族への支援を行う

起こりうる看護問題:喘息発作の増悪因子であるストレスに適切な対処ができない、患者家族が喘息発作に不安を持っている

気管支ぜんそく患者の看護計画はこちらです

参考資料:疾患別看護過程