甲状腺・下垂体・副腎疾患患者の看護過程アセスメント

1全身状態の把握

甲状腺ホルモンやADLとの関連で生じる全身状態変化を把握することが重要である。たとえば甲状腺ホルモン不足のため熱産生が起こらず、低体温となり身体全体が冷えてさめさを訴える。

汗が減少するため皮膚が乾燥する。血液循環が悪くなり心拍出量が減少する。食欲不振や日常生活の活動性の低下がある場合は便秘となるなど

・何故現在の症状が発症しているのか、全身状態との関連で把握しアセスメントする

・体温、脈拍、血圧、呼吸、低体温、徐脈、息切れ、低血圧、高血圧、心肥大症状、呼吸困難胸水

・皮膚の状態、顔貌の変化:皮膚乾燥、発汗減少、皮膚肥厚、顔面浮腫、無表情

・消化器症状:食欲不振、悪心嘔吐、腹部膨満、便秘

・精神活動:全身倦怠感、疲労感、筋肉痛、筋力低下、無気力

起こりうる看護問題:代謝率の低下に湯折る低体温が見られる/全身状態の悪化による日常生活への支障/自己調整により効果が減少

2症状の出現状況、程度の観察

甲状腺ホルモン不測の程度と期間に関連して、代謝が低下するため疾患の徴候と程度を把握する

・心臓:新組織の変化、心拍出量減少、心拍数現象がみられる。抹消の循環機能が心機能を変化させる

・呼吸:低換気により生体反応が低下する

・神経:神経の代謝異常と組織の間質性浮腫により手指や足指の知覚異常がおこる

・筋・骨格:筋力低下はムコたんぱく蓄積により浮腫が起こる。病的骨折はカルシウムの転送障害によっておこる

・胃腸:消化不良は消化器粘膜の萎縮や塩酸の産生能力低下によって起こる

・ホルモン:副腎皮質の変化により低血糖症状が出現する。甲状腺刺激ホルモンは低下する

起こりうる看護問題:代謝機能低下による日常生活への支障/代謝率の低下、身体活動の低下により便秘を起こしている/患者家族が疾患、予後に対して不安を抱いている/知覚障害や筋力低下により日常生活に支障をきたす恐れがある

3薬の効用・副作用の観察

甲状腺ホルモン製剤は少量から開始しその後増量されるため正確に与薬し効果を観察する

・観察時には脈拍の観察が重要である

・長期あるいは生涯服用しなければならないので、中断しないように十分必要性を説明する

・副作用として頻脈、心悸亢進、不整脈、発汗、情緒不安があるので、副作用の出現と内服への思いを十分に確認する

起こりうる看護問題:薬の副作用により日常生活に支障をきたしている

4患者家族の心理社会的側面の把握

患者家族が疾患をどのように認識しているか、薬物を長期にわたって服用するため薬物の副作用症状に注意するように十分説明する。また、自己判断で服薬の中断・増減を行う危険性についても指導する必要がある

・症状が徐々に出現してくるため患者家族が気づかな場合がある。またホルモンの影響で知覚が低下し、感覚が鈍くなるため患者は疾患を認識しにくいので注意する

・疾患の認識が服薬に影響を与えさらに治療の効果や継続を左右しQOLに影響する

・家族に精神的負担がかかるため支援する

起こりうる看護問題:治療食に関する知識不足がある/患者家族が疾患や予後に不安を抱いている

甲状腺機能低下症患者の看護計画はこちらです

参考資料:疾患別看護過程