肺炎患者の看護計画

#1咳嗽、去痰困難による苦痛がある

 目標:喀痰喀出がスムーズにできる

OーP(観察)

  • 1咳嗽の種類:乾性、湿性
  • 2咳嗽の状態
  • 3痰の性状:血性、膿性、粘液性、漿液性
  • 4睡眠状態

TーP(実施)

  • 1痰が多いときは医師の指示で去痰剤の吸入をする
  • 2喀痰が多いときは去痰困難をさらに憎悪させないために、鎮咳剤は与薬しない
  • 3安楽な体位(咳嗽が多い時には起坐位、腫瘍増大による時は患側をしたにしてファーラー位を保持する
  • 4必要があれば医師の指示で安定剤を予約するが、呼吸状態に十分注意する

EーP(教育)

  • 1充分に水分を摂る
  • 2保温に心がける
  • 3喫煙は、痰を増強させ咳嗽を誘発する為必ず禁煙とする

#2ガス交換の減少による呼吸困難がある

 目標:チアノーゼがなく自覚的に息苦しさがない

OーP(観察)

  • 1呼吸困難な状態:顔貌、呼吸状態、異常呼吸に有無、チアノーゼの有無(口唇、爪床)呼吸音、部分的強弱、清濁
  • 2一般状態: VS、胸郭運動、水分バランス
  • 3検査データの把握:血液ガス、ヘモグロビン、胸部レントゲンによる胸水の有無、陰影、胸腔穿刺(胸水性状、量) 臨床症状:頭痛、眩暈、発汗

TーP(実施)

  • 1呼吸困難の緩和:安楽な体位の保持、喀痰や分泌物喀出を促す指示により酸素吸入を行う、指示により気管支拡張剤の与薬を行う
  • 2床上安静の保持:日常生活の援助、静かな環境をつくる、看護行為は計画性を持って短時間で行う

EーP(教育)

  • 1酸素吸入の目的と効果について分かりやすく説明する
  • 2安静の意義について説明する

#3呼吸困難による不安や咳嗽による不眠等により、精神的に不安定である

 目標:不安や苦痛が軽減し、精神的安静が保たれる

OーP(観察)

  • 1言葉、動作、表情
  • 2睡眠状態

TーP(実施)

  • 1患者が訴えやすい環境をつくる:声掛けを頻回に行う、訴えをよく聞く
  • 2不用意な言葉を慎む
  • 3医師の指示により鎮咳剤や安定剤の与薬を行う

EーP(教育)

  1不安事項があれば遠慮せずに訴えるように説明する

#4呼吸器検査に対する不安がある

  • 目標:検査の必要性が理解でき受け入れられる

OーP(観察)

  • 1言動、表情
  • 2理解度

TーP(実施)

  • 1医師から検査の説明をしてもらう
  • 2気管支ファイバースコープ施行時は充分に説明する
  • 3血液ガス採取後の止血は十分に行う:5分間の圧迫止血

スポンサーリンク