保育園看護師の仕事とメリットについて

保育所看護師の仕事

保育所でも看護師の求人をしている所があります。

そのような保育所では、子供たちの突然の異変に素早く対応することが出来るように、また子供たちの健康を管理する為に保母だけでなく看護師も募集するのです。

確かに子供は突然の発熱など急変しやすいため専門職が常勤でいることで、保母も安心して働くことが出来ます。

子供の状態に問題がないときには、看護師も保母の業務を援助する形で仕事をします。

子供をあずける保護者にしても、看護師が待機していると考えると安心して預けることが出来るでしょう。

また子供好きの看護師にとっては、絶えず子供と接することが出来ますから、忙しくても苦痛に感じることなく仕事ができるかもしれません。

 

保育所看護師のメリット

保育園で勤務する場合、病院の勤務と異なり夜勤業務は無く日曜出勤もありません。

家庭を持っている看護師にとっては働きやすい職場だと言えるでしょう。

病院で患者さんの看護をするのではないですから、生活指導や日常生活の援助をすることは無いのです。

入浴介助や排泄介助、移動などの仕事もありませんから体力的にも楽だと言えます。

コミュニケーションがうまく取れず人間関係に悩むこともないのです。

子供の健康状態に異常がないときには保母と同じように子供の世話をしたり一緒に遊ぶなどします。

子供が好きな看護師に向いている職場だと言えます。

保育所看護師のデメリット

子供と接してはいても、健康な子供と接して健康管理をすることが殆どです。

看護師として疾患の勉強をしたり看護の勉強をしたり、研修に参加するなどと言った看護師としてのスキルを高めるようなことはありません。

看護師の仕事を好きな、または看護師らしい仕事をしたいと考えている看護師にとっては保育所での仕事を物足りなく感じるかもしれませんね。

一つの保育所に何人もの看護師は必要がないですから、看護師間の人間関係に関してのトラブルなどは当然発生しません。

それだけ保育園での看護師の責任は重く、子供たちの健康管理について一手に引き受ける形になります。

給料面にしても、病院と異なり夜勤業務や日曜出番などがないですからそれらの手当ても無くなります。

医療機関で働く看護師の給料より低額になることが多いかもしれません。

保育所によっても給料面では異なりますから、就職する前に調べてみることをお勧めします。

保育所看護師に向いている人

子供好きの看護師が保育所勤務には向いています。

また短気ではなく気が長い看護師の方が向いています。

子育てと同じで子供と接する時には、待つ心が必要ですから気が長い人の方が向いているでしょう。

また成人の患者さんとのコミュニケーションや信頼関係つくりに疲れたという看護師にも向いているでしょう。

病気のせいで気難しくなった患者さんと接するには、看護師としても精神力が必要です。

その点、純真な子供と接するのは責任は大きいですが、精神的には楽かもしれませんね。

スポンサーリンク