痔の手術を受ける患者の看護計画

#1羞恥心が強いため周囲の目を気にしたり戸惑いが見られる

目標:患者のプライバシーが守られる

TーP(実施)

1ガーゼ交換時はカーテンを用いて手順よく行い短時間で終える

#2腰椎麻酔の副作用が起こりやすい

目標:頭痛、吐き気、嘔吐、排尿障害がなく離床が図れる

OーP(観察)

1麻酔レベル、呼吸状態の観察

2頭痛の有無

3吐気、嘔吐の有無

4自然排尿の有無

TーP(実施)

1ベッド上安静でセミファーラー位からファーラー位とする。手術直後は麻酔薬の比重により頭の高さを変える

2VSのチェックを行い状態により医師に報告する

3自然排尿の有無のチェック。手術後自然排尿がなければ導尿をする

4症状出現時は安静を守る

#3創部感染を起こす可能性がある

目標:手術創の清浄化が図れる

OーP(観察)

1排便回数、性状の観察

2排便後の創部状態の観察

3熱型

TーP(実施)

1排便後ウオシュレットで創部を洗浄し消毒する

2医師の指示にて緩下剤、抗生物質の与薬

EーP(教育)

1本人の排便後のウオシュレット使用方法を説明する

#4術後出血を起こす可能性がある

目標:出血点の確認がなされ速やかに止血される

OーP(観察)

1ガーゼ汚染の性状

2出血部位の確認

TーP(実施)

1医師に報告して止血する

#5長期的な後遺症(肛門狭窄、肛門閉鎖不全、再発)が残ることがある

目標:規則的な排便習慣をつける

OーP(観察)

1排便回数、性状

2肛門狭窄の有無

3肛門括約筋の状態

4再発の有無

TーP(実施)

1肛門狭窄ー内診による拡張、術後創の清浄化にて予防

2閉鎖不全予防:肛門を締める練習をする

EーP(教育)

1退院指導を行う

 a排便後の肛門部清浄化:ウオシュレット、入浴による肛門部の洗浄

 b便秘予防:水分を多くとり繊維の多い食物をとる、偏食せずよく噛んで食べる、香辛料は避ける

 c肛門部のうっ血予防:長時間の座位は避ける、適当な運動をする

 d腰部を冷やさないようにする

参考資料:標準看護計画

スポンサーリンク