状況解釈障害性シンドロームの看護計画。

#1状況解釈障害性シンドローム

病棟で使用している看護計画です。
個別性を出すために不足のところは補足して、
不必要なところは削除して使用します。

  • S・ あちこち持続的に移動する
  • ・ 落ち着かなく移動する
  • ・ あちこちに頻回に移動する
  • ・ でたらめに移動する
  • ・ 何かを探して持続的に移動する
  • ・ 単純な指示が守れない
  • ・ 慢性的な混乱状態
  • ・ 論理的に考えることが出来ない
  • ・ 質問に対する返答の遅延
  • ・ 精神集中できない
  • ・ 見当識の持続的な障害
  • E ・認知症
  • ・ 抑うつ
  • ・ パーキンソン病

状況解釈障害性シンドロームの短期目標・期間

  • ① 落ち着いて安全に過ごせる。
  • ① 転倒しないで過ごせる。
  • ① 損傷しないで過ごせる。
  • ① 落ち着いて軽作業ができる。


 
状況解釈障害性シンドロームの観察計画(OーP)

  • ① 表情・言語の内容。
  • ② 危険行為の有無・程度。
  • ③ 歩行状態、ふらつきの程度。
  • ④ 睡眠状態。
  • ⑤ レク時の反応。
  • ⑥ 副作用の有無。
  • ⑦ 排泄の状況。

状況解釈障害性シンドロームのケア計画(TーP)

  • ① ベッド周囲の整理整頓。
  • ② 行動範囲の障害物の除去。
  • ③ 車椅子はベッドサイドや室内に置かない。
  • ④ 歩行器は、ベッドサイドや室内に置かない。
  • ⑤ ナースセンターに近い部屋に、ベッドを配置して見守る。
  • ⑥ 離床センサー、離棟センサーを設置・・・作動の確認。
  • ⑦ べッドを低位置とする。
  • ⑧ ズックを使用・・・歩行時きちんと履いているか確認する。
  • ⑨ ふらつきの強い時は椅子に誘導して話し相手になる。
  • ⑩ 歩行状態を常時見守り事故防止に努める。
  • ⑪ 移動時は、行動を視野の範囲内に入れて見守る。
  • ⑫ 起立から歩き始めは十分に見守る。
  • ⑬ 椅子に誘導して軽作業をしてもらう。
  • ⑭ 一緒に軽作業をする。
  • ⑯ 音楽、散歩で気分転換を図る。