肝硬変患者の看護計画

#1肝機能低下に関連し全身倦怠感がある

目標:倦怠感の強いときは報告でき、適切な日常生活の援助が受けられる

OーP(観察)

1全身倦怠感と疲労感

2患者の言動と表情

TーP(実施)

1安静度が制限されればその保持に努め、身の回りの介助を行う

2倦怠感が強いときは患者の好む安楽な体位をとってもらう

EーP(教育)

1安静の必要性を説明する

2苦痛が増強する時は報告するように説明する

#2門脈圧亢進症、低アルブミン血症による腹部膨満感、腹水、浮腫がある

目標:腹部膨満感の強いときは報告でき、日常生活の援助が受けられる

OーP(観察)

1腹部膨満、腹痛、呼吸状態

2浮腫の程度、下肢の倦怠感

3尿量、水分摂取量のチェック、体重、腹囲測定

4利尿剤の効果、口渇皮膚状態、排便排ガスの有無

5検査データのチェック

TーP(実施)

1安静が小させ、安楽な体位を工夫する。腹部膨満により呼吸運動を妨げないようにファーラー位とし掛物の調節をする

2衣服はゆったりとしたものを使用し、下着のひもやゴムは緩めのものを使用する

3自力で体位を変えられない時には2時間ごとに体位変換を行う。仙骨やかがと肘など圧迫のかかりやすい部位は1日に2回ほどアルコール清拭を行って循環を良くする

4下肢浮腫の強いときは枕を使用し、下肢を挙上し倦怠感やうっ血の軽減を図る

5食事は塩分制限を行う:1日5~8グラム以下

6利尿剤の正確な与薬

7カロリーとビタミン摂取量を維持する

8腹水穿刺を行う時はショックの出現に注意し医師の指示によりVSのチェックを行う:脈拍の増加、呼吸状態、失神等

9腹水穿刺後の液漏れの有無を観察する

EーP(教育)

1飲水制限があれば範囲内にとどめるように指導する

2塩分を多く含む食品は避ける

#3黄疸に起因する掻痒感がある

目標:適切なケアを受けることにより掻痒感が軽減することが出来る

OーP(観察)

1皮膚、皮膚の黄染、眼球の黄染、かゆみ

2尿の黄染、白色便の有無

3検査データのチェック:ビリルビン値

TーP(実施)

1患者に合った保清:入浴、シャワー浴、清拭

2発汗が多いときは乾布清拭を行う

3掻痒感がある時はアルコール清拭をしたり、効果のないときは医師の指示に基づき内服、注射、軟膏の使用を行う

4夜間不眠時は眠前に清拭したり眠剤の与薬を行う

5不安を助長するような言葉は慎む

EーP(教育)

1下着は肌を刺激しない綿を含むものを使用する

2爪は短く切っておく:必要時手袋を使用する

3掻痒感増強時うあ不眠時は報告するように説明する

#4血小板の減少により出血傾向がある

目標:出血が予防でき、出血時は速やかに予防できる

OーP(観察)

1皮下出血:点状出血、斑状出血

2粘膜出血:口腔粘膜の出血、歯肉出血、鼻出血

TーP(実施)

1外傷を避けるために環境を安全に保つ:ベッド周囲の整理整頓

2採血注射後は圧迫を十分にし止血を確認する

3駆血帯の締め過ぎを避け、うっ血を防ぐ

4便の性状を観察する

5止血検査のデータチェック

EーP(教育)

1歯ブラシは柔らかいものを使用し強くこすらない

2鼻は強くかまない

3体を洗う時は硬いタオルで強くこすらない

肝硬変のアセスメントはこちらです

スポンサーリンク