感染媒体リスク状態の看護計画。

感染媒体リスク状態の看護目標

・ 疾患による感染についての知識を得、隔離の必要性を理解する。
・ 疾患による感染についての知識を得、
  他者へうつさないように注意をする。
・ 不衛生な生活環境を整える。

 

要因

・ 疾患の伝染性性質、感染予防についての知識不足。
・ 不十分な感染予防行動。
・ 伝染性因子。
・ 頻繁な血液汚染。

観察計画(OーP)

① 感染予防の方法の理解度(患者、家族、医療者)
② 検査データ(病原体の把握)
③ 医療廃棄物の取り扱い状況
  (注射針、血液付着物などの医療廃棄物が適切に廃棄されているか)
④ 手洗い励行の有無
  (各々の患者の処置後に手洗いがきちんと行われているか)
⑤ 適切な消毒用薬剤使用の有無
  (器材の消毒は適切な方法で適切な薬剤を使用しているか)

ケア計画(TーP)

① 院内感染の予防マニュアルに沿った対応をする
  (手洗い、衣類、食器、室内ごみ処理法、器具、機械、患者の消毒)
② 吸入、薬の塗布、点滴、注射薬の管理を行う。
③ 皮膚の清潔を保持する。
④ 必要に応じて面会者を制限する。
⑤ 必要に応じて隔離、ガウンテクニック、
  手洗い(入室前後、処置前後)マスクを着用する。
⑥ 訴えを傾聴し孤独感を減少させる(将来的不安の軽減)
⑦ 院内感染マニュアルに準じて分泌物を適切に廃棄する。
⑧ 医療廃棄物を適切な場所に廃棄する。
⑨ 病原菌の曝露を受けた時は早期に対処する。
⑩ 院内感染予防マニュアルに準じて感染制御部に報告する。

教育計画(EーP)

① 正確な情報を提供する『疾患の特殊性、病状、治療方針)
② 患者が隔離やケアに対して十分な理解が出来、
  協力を得られるように説明指導する。
③ 患者一人では不十分な場合、家族の協力も得られるように
  説明指導する。
④ 退院後のケアを患者家族に指導する。
⑤ 感染予防に関する指導をする。

参考資料:すぐに役立つ標準看護計画。