企業看護師の仕事とメリットについて

企業看護師の仕事

最近では多くの企業が、特に大手の景気の良い会社で看護師を募集しています。

企業看護師の仕事は従業員の健康管理や生活指導などです。

ストレス社会の現代ですから従業員がうつ病などになりやすいようです。

そのことを見込んで企業看護師を募集する会社が増えているのです。

従業員の健康管理をすることで、結果的に会社の損失を抑えることが出来るのです。

企業看護師は病院勤務と異なり夜勤もなく日曜出番もなく、肉体労働もないために人気の職種の一つでもあります。

企業看護師を募集する会社は景気の良い会社であることが多く、その会社の従業員の一因となる看護師は給料も比較的高額である場合が多いです。

給料に関しては会社によって異なりますから前もって調べてから就職すると良いでしょう。

看護師転職求人サイトでは、給料の交渉もしてくれますし前もってその情報の提供もしてくれます。自分の勤務条件に沿った会社を無料で探してくれます。

企業看護師に興味のある看護師は、とりあえず看護師転職サイトに登録をして情報を集めてみても良いでしょう。

企業看護師のメリット

病院勤務の看護師は病気の患者さんの看護をします。

患者さんの状態は変化しやすいので十分な観察やケアが必要です。精神的にも肉体的にも大変な仕事です。

しかし企業看護師は、会社に勤めているのであって病院勤務ではありませんから、病気の患者さんの看護の仕事はありません。

生命の危機に直接関与することがないので、それだけでも精神的に楽です。

企業看護師は、従業員の健康管理を一手に任されます。

職員の健康診断の計画を立てたり、健診結果からそれぞれの職員の生活指導などをします。

夜勤などがなく日曜出勤もないので、家庭と仕事の両立を希望する看護師にとっては、継続して看護師の仕事をすることが出来る働きやすい仕事だと言えます。

 

企業看護師のデメリット

病院で勤務する看護師の仕事とは全く異なる業務です。

対象者は病院に入院している患者さんではなく一般の社会人なのです。

企業看護師の仕事は保健指導の分野が多くを占めます。

患者さんの看護の仕事をしたいと考えている看護師には不向きです。

医療や看護は進歩していますから、病院勤務を離れることで研修などに参加する機会もなく、看護師として取り残されるような気持を味わう事があるかもしれません。

企業看護師に向いている人

看護師の能力が、すぐに会社の職員の健康状態に現れ、また健康診断の結果に現れます。

職員の納得できるような生活指導を行うことが出来ると、健康診断などに良い結果として現れます。

コミュニケーション能力があり看護師として信頼されるように接することで、生活指導や食事指導が打開く行く場合もあります。

看護師としての能力だけでなく保健指導がうまくできる看護師が企業看護師に適しているでしょう。

また会社に勤務する看護師の数は一人か、多くても二人なので看護師の責任は重大だと言えます。

それだけやりがいもあります。保健指導などの業務に興味のある看護師には適しているでしょう。

企業看護師をしている友人がいます。

彼女の言うことには時間外勤務もないし、日曜の出番と言うものもなく、正月なども休みが普通にあって、常勤で働くにも職場によってすごく違うということでした。


企業看護師は、病院のように患者さんを看護する仕事はないし、患者さんの日常生活を支援するような仕事もありません。


患者さんの生命に直接かかわる仕事をしないのだから、精神的にストレスを感じることも少ないのでしょう。

彼女は表面的には、結構楽そうで元気でした。


企業看護師は、一般の会社に勤務している社員の健康管理の仕事をしますから、
健康診断や生活指導など、また仕事や人間関係についてストレスを感じている人には悩み相談なども行います。
最近では、うつ病になる社員も少なくないらしいです。


企業看護師の仕事は、一般病院の看護師の仕事よりも楽だと理解していました。

確かに企業看護師の仕事は、夜勤はないし、日曜勤務もないのです。
身体的に疲労が蓄積された看護師には、肉体労働のない企業看護師の仕事は魅力的に感じます。

しかし、うつ病が増えたり、ストレスを抱える人が増える現代社会では、企業看護師の仕事も大変だろうなと考えるようになりました。

その友人の一言。
「いやあ、男性社会もストレスを抱えたり、うつになったりする人がいて、思っていたより大変だわ」

スポンサーリンク