抗凝固療養中の患者の看護計画

#1抗凝固療法開始により副作用が出現する

目標:副作用の予防ができる

OーP(観察)

1副作用の観察

 aウロキナーゼ:ショック、血圧低下、吐き気、嘔吐、食欲不振、肝機能障害

 bメシル酸ガベキサート:過敏症、血管障害、出血傾向、ショック

 cヘパリンナトリウム:過敏症、出血傾向、脱毛

 dワーファリンカリウム:過敏症、出血傾向、消化器症状

2出血傾向の観察

 a歯肉出血:量持続時間歯磨きによる出血のいなか

 b皮下出血:部位、大きさ、疼痛の有無

 c血尿血便の有無

 d眼瞼結膜の充血、結膜出血の有無

 e性器出血生理出血日の延長

 f採血や注射針入部の出血や皮膚の状態の観察

 gIVH挿入や長期間血管確保している場合は刺入部の出血や皮膚の状態の観察

 h外傷の有無

3ショック:血圧低下、呼吸困難、胸内苦悶に尿量減少

4過敏症状:発疹、じんましん、掻痒感、悪寒、顔面紅潮

5消化器症状:食欲不振、悪心、嘔吐、下痢

6与薬方法や与薬量を把握する

7検査データの把握:尿テープ、便潜血反応、PT、血液型、出血時間、肝機能

8PT20&以下の場合は、特に出血傾向を念頭において観察する:脳出血、眼底出血、肝腎障害

TーP(実施)

1出血傾向のある場合

 a出血時には速やかに医師に報告し検査データに留意する

 b注射針刺入後は、止血を確認するまで圧迫止血を行う

 c内出血斑部の疼痛や腫脹がある場合には温湿布冷湿布で症状の軽減を図る

 d歯肉出血予防の為にやわらかい歯ブラシを使用し出血が持続する場合には水歯磨きを使用して口内をスッキリさせる

 e常に皮膚の清潔に努め入浴清拭時にはタオルで強くこすらない

 fヘパリンナトリウムによる出血の場合、ヘパリンナトリウム50mgに対して1%の硫酸プロタミン50mgを使用し止血の有無の確認を行う

2ショック時

 a必要に応じて救急蘇生の準備とショックボックスの準備をする

 b血管確保の準備施行

 cショック体位をとる

3過敏症

 a皮膚の清潔を保つ

 b下着は綿製のものを使用する

4消化器症状

 a 吐気、嘔吐時は冷水による含嗽を行う

5外傷時は速やかに処置を行い経過のチェックを行う

EーP(教育)

1出血傾向(出血班の出現、歯肉出血、止血不良)のある場合はすぐに申し出るように指導する

2PTの治療域(20%から30%)を説明する

3PTの測定が治療の指針となるために定期的に受診するように説明する

4副作用を説明し異常のある時は言うように説明する

#2抗凝固療法剤の長期服用による拘束感があり精神的に苦痛がある

目標:服薬の重要性を理解して正しく服用できる

OーP(観察)

1現在行われている治療内容(薬種、予約数、与薬方法)を把握する

2正しく服用できているか定期薬処方日に確認する

3抗凝固療法の必要性の理解度を把握する

4言動や表情の観察を行う

5社会的背景、家族背景等から患者の置かれている立場を知る

TーP(実施)

1患者とのコミュニケーションを良好に摂り信頼関係を持つ

2患者の訴えやすい雰囲気を配慮する

3苦痛の訴えや精神的イライラ感があれば、医師と連絡を取る

4必要時内服薬の確認を行う:自己管理が困難な場合は看護師管理とする

EーP(教育)

1薬物の効果目的について説明する

2服用の必要性と疾病を関連つけて説明する

3服用を中断することによる弊害について患者の心理面を考慮しながら指導する

4家族を含めた指導の機会を持つ

参考資料:標準看護計画

スポンサーリンク