口腔外科看護師の仕事とメリットについて

1口腔外科看護師の仕事

口腔外科の看護師の仕事は歯科医師の医療補助の仕事が主です。実際は歯科衛生士の仕事と同様の仕事をすることが多いです。

患者さんとのコミュニケーションをとることや、対応の仕方、歯に関する指導などを行います。

街の歯科医院では歯科助手や歯科衛生士が歯科医のサポートを行っています。総合病院の口腔外科では看護師が歯科医のサポートを行います。

口腔外科での仕事を希望する看護師は、総合病院や大学病院などに就職すると良いでしょう。

口腔外科では発音がうまくできない患者さんも多いですから、コミュニケーションをとることも大切な仕事になります。

口腔外科での治療を受ける患者さんは食事摂取がうまくできない場合がありますから、食事の介助や食事指導なども看護師の仕事です。

口腔外科看護師のメリット

口腔外科で勤務することで、よりスキルを上げたいと考える看護師も出てきます。

そのような時には資格取得のチャンスととらえ、摂食嚥下障害看護の認定看護師の資格を取得することをお勧めします。

嚥下がスムーズに行えず肺炎を予防する為に摂食嚥下障害看護の認定看護師は、患者さんに指導などのサポートをします。

口腔外科看護師に向いている人

食べたいものを食べることのできない、口にトラブルを抱えている患者さんのケアをするのですから、精神的看護が得意な人が向いています。

患者さんは発音がスムーズでなく聴きとり難いこともありますから、コミュニケーションの能力が高く、ゆとりをもって患者さんと接することのできる看護師が適しているでしょう。

患者さんの意思を素早く察知することで、患者さんのストレスが蓄積しないように、患者さんの気持ちを思いやることのできる人が適しています。

2学校ではたらく看護師の仕事

学校の医務室で働く看護師の仕事は、生徒の健康管理を一番の目的にしています。インフルエンザなどが流行る時期にはその予防について指導をします。

うつ病などの精神的症状を呈する生徒には、相談相手になるなど精神的なケアを行います。

学校看護師の仕事は看護業務だけではなく、疾患を予防する立場で生徒の健康管理を行います。

学校の先生と連携を組んで生徒の健康管理を維持して行く為に、生徒の不安や悩みなどを聴き、精神的にサポートすることは学校看護師の大切な仕事です。

その為には、生徒たちとの人間関係を良好にして信頼関係を築くことを日々心がけていなければいけないでしょう。

学校看護師のメリット

学校の医務室で働く看護師は、医師が不在のために何か事がある場合自分が判断や決断をしなければなりません。

生徒の症状に対しても、自分で勉強して疾患を予測し症状軽快のためのアドバイスなどを行います。長くそこで働くことにより、自然に決断力や判断力が身につきます。

また、病院勤務のように夜勤や日曜出勤がないので、身体的に余裕を持って仕事に臨めるでしょう。

家庭と仕事の両立を希望する看護師にとっては、理想的な職場でもあります。

病院勤務のように病気の患者さんを看護することがありませんから、生命の危機に直面することもなく、仕事を重圧に感じることもないです。

学校看護師に向いている人

生徒と一緒にいる時間が長いですから、子供の扱いになれている人が向いています。反抗期の子供や先生や親の意見を聞かない子供もいますから、学校看護師はその間を取り持つ役目もしなければなりません。

生徒からの信頼を得られるように、人間的に尊敬されるような性格の看護師の方が、学校勤務には向いているでしょう。

看護師の働く職場は一般的に病院が多いので、学校で勤務することに対し最初は戸惑うこともあるでしょう。

しかし、慣れてしまうと意外に働きやすいと感じる人も多いために、自分から退職していく人は少ないです。

学校勤務を希望しても、なかなか就職出来ないのがデメリットです。