車椅子移乗障害の看護計画。

#1車椅子移乗障害

病棟で使用している看護計画です。
個別性を出すために、必要なところや不測のところは補足し、
不必要な部分は削除して使用します。

  • S:・ 平坦な床面で車いす操作ができない。
  • ・ 部屋の出入り口など凹凸の床面では車椅子を操作できない。
  • ・ 車椅子の直進は可能だが方向転換できない。
  • ・ 片側方向にしか進まない。
  • ・ Uターンが出来ない。
  • ・ 自走可能だが距離が進まない。
  • ・ 障害物に対しての操作が困難である。

  • E:・ 脳血管性障害
  • ・ 車椅子の種類
  • ・ 肥満
  • ・ うつ気分
  • ・ 疼痛
  • ・ 神経
  • ・筋系の障害
  • ・ 視力障害
  • ・ 認知障害
  • ・ 体力減退
  • ・ 知識不足

車椅子移乗障害の短期目標・期間

  • ① 平坦な床面での自走ができる。
  • ① 凹凸の床面をこえることが出来る。
  • ① 方向転換することが出来る。
  • ① 直進することが出来る。
  • ① 距離を伸ばすことが出来る。
      (〇メートル進むことが出来る)
  • ① 細かな操作をすることが出来る。
      (周囲を確認することなど)
  • ① Uターンすることが出来る。


車椅子移乗障害の観察計画(OーP)

  • ① 残存機能の程度(姿勢、移動、作業機能)
  • ② 認知症の程度(理解度)
  • ③ 精神状態の程度(意欲、依存心、ストレス、不安)
  • ④ 痛みの部位と程度、体重。
  • ⑤ 運動計画の実施状況。

車椅子移乗障害のケア計画(TーP)

  • ① 体の状態にあった車椅子の選択。
      (大きさ、高さ、重量、フットレスの有無、ハンドルの位置、
      ブレーキの位置など)
  • ② 操作時の見守り。
      (麻痺側に対する安全性への声掛け、ブレーキ操作の声掛け)
  • ③ 訓練中はそばで励まし、進歩をほめて意欲が高まるような
      関わりを行う。
  • ④ 自尊心を損なうことのないように不要な手出しはしない。
  • ⑤ 動きやすいように環境を整える。
  • ⑥ 動きたがらない時は、原因を患者と一緒にアセスメントする。
  • ⑦ 痛みに対しては湿布の貼付、鎮痛剤の投与、休憩時間を設ける。
  • ⑧ リハビリ訓練を日常生活にも取り入れる(情報の共有)
  • ⑨ 一日に〇回、院内を車椅子散歩する(付き添う)
  • ⑩ 状態にあった車椅子の散歩コースを計画、実施する。
  • ⑪ 食堂までの老化を往復自走する。
  • ⑫ 体重増が著明時は医師に相談。

車椅子移乗障害の教育計画( EーP)

  • ① 安全な車椅子操作法を説明する。
  • ② 操作時、周囲の確認の徹底指導をする。
  • ③ 棟内へ出入りの際は、必ず声掛けをするように説明する。
      (所在を明確にすることで安全を確認できる)